スポンサーリンク

常識ですが本当にタバコは肌に大敵です!

 

 

スポンサーリンク

 

タバコを吸うと老化が早まる!

 

 

タバコを吸っている人の顔がくすんでいることが多いようです。それは外見から見てもあからさまに現れます。

 

 

 

喫煙者の肌は非喫煙者のに比べると、血管が弱くなり、くすみやシミ、むくみ、たるみ、シワなどができやすく、肌や体内システムの老化が早く始まります。

 

 

 

タバコに含まれるニコチンやタールなどは中枢神経を刺激し、血行不良などの原因に。さらに体内のダメージリスクを高めてしまう危険な成分でもあります。

 

 

 

image

 

 

 

また、タバコ1本吸うごとに約25〜100ミリグラムのビタミンCが体内で壊されてしまいます。これはトマト3個分に含まれる量と同じです。

 

 

 

タバコの害から体を守るためにサプリメント

 

 

ビタミンC
ビタミンE
バイオフラボノイド(ビタミンP)
セレニウム

 

 

などをしっかりとってください。自分は喫煙者でなくても、周囲の人が吸っている煙(副流煙)を吸うと同じリスクを背負うことになるので、

 

 

 

タバコの煙があるところにいる場合は注意が必要になります。

 

 

 

タバコは肌だけでなく体にもかなりの影響を及ぼすので気をつけたいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ