スポンサーリンク

暑い夏を乗り切ろう!

 

 

毎日暑い日が続いてますが!みなさん夏バテになってませんか?

 

 

 

夏になると、一気に食欲が落ちたり、冷たいものばかり食べちゃう…なんて方も多いのでは?そんな時こそ、しっかりスタミナをつけたり栄養を取り入れる様、心がけることが大切ですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

image
 
 

 

 

夏バテの原因

 

 

水分や栄養不足を始め、強い疲労や睡眠不足、炎天下に長時間いたり、暑い室内での仕事や運動なので、激しく体力を消耗してしまうことなどが主な要因です。

 

 

 

夏バテの症状

 

 

まずだるい!そして疲れやすくなります。だんだん食欲もなくなり、寝付きも悪くなってきます。夏の暑さで食欲が落ちてくると体内のたんぱく質が消費するにしたがいその供給が追いつかなくなります。これが夏バテです。

 

 

 

体内の水分とミネラルが不足する

 

 

強い日差しを浴びる時間が長いと汗がたくさん出て身体の水分とミネラル分を排出するため、身体に必要なミネラルが不足してしまい、脱水症状を起こしやすくなります。

 

 

 

食欲がなくなって栄養不足になる

 

 

暑さのせいで胃の消化機能が低下すると、食欲がなくなります。さらに栄養の吸収が悪くなるため身体に必要な栄養素が不足して体調不良を引き起こします。

 

 

 

また暑いからといって冷たい飲料を飲みすぎたり冷製の食べ物を取り過ぎると胃腸が冷えて胃の働きが低下します。

 

 

 

屋外と室内の温度差によって自律神経が乱れる

 

 

暑い屋外とエアコンが効いた室内の温度差が激しいと体温を調節する自律神経が対応できずに乱れてしまい様々な症状が現れます。

 

 

 

夏だからこそ、しっかり食べて栄養も補給しましょう

 

 

☆ビタミンB1、ビタミンB2

 

豚肉、レバー、枝豆、納豆、豆腐、玄米、うなぎ、いわし、ゆず

 

 

 

人間のエネルギー源である炭水化物の消化にはB1 、B2が必要です。しっかり摂取し、疲れの元となる乳酸をどんどん消費してエネルギーに変えましょう。

 

 

 

☆ビタミンC

 

枝豆、トマト、かぼちゃ、グリーンアスパラ、ゴーヤ

 

 

 

健康を維持改善する効果や自律神経を整えてくれます。

 

 

 

☆クエン酸

 

酢、ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干

 

 

 

疲労回復してくれます。

 

☆香辛料

 

しょうが、わさび、シソ、みょうが、ネギ、カレー、唐辛子、キムチ

 

 

 

血行を良くして体を温め胃腸の働きを良くしてくれます。

 

 

 

image

毎日しっかり栄養を取り入れ、暑い夏を乗り切りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ