スポンサーリンク

大人ニキビはもう繰り返さない!

 

 

スポンサーリンク

 

ニキビの原因はアクネ菌

 

 

肌には多くの菌が存在していて、一定のバランスを保っています。

 

 

 

ニキビの原因と言われるアクネ菌はホルモンのアンバランスやストレスなどで肌免疫が不安定になると頻繁に繁殖を招きます。

 

 

 

狭くて暗く暖かい毛穴の中に何日も放置され参加した皮脂がアクネ菌の格好のすみかとなり炎症を引き起こし、これがニキビになります。

 

 

 

ニキビケアで1番大切なのは、毛穴をきれいにしてあげること

 

 

ニキビに悩む人は、ついにゴシゴシ洗ってしまうのですが表面を一生懸命こすっても内側のつまりは解消しません。かえって角質をボロボロにして、アクネ菌が繁殖するのをブロックしてくれている肌のバリアゾーンを破壊してしまいます。

 

 

 

ニキビは身体のトラブルを教えてくれる

 

 

ニキビや吹き出物は出る位置によって原因が異なります。つまりニキビや吹き出物の場所によって心や体のトラブルの予兆がわかることも少なくありません。

 

 

 

image

 

 

 

ニキビができやすい部位は大きく分けて3箇所ある!

 

 

1つは皮脂腺が集中している額や生え際を含めたTーゾンです。

 

 

 

ここにニキビができた時はビタミンBの不足、ストレス、自律神経の乱れ、消化器系の機能低下が疑われます。

 

 

 

これらTゾーンや額にニキビが出たら刺激物を避けて胃を休ませてあげるようにしてください。また、胃腸を強化するビタミンEが含まれる食品(うなぎ、緑黄色野菜など)を進んで取りましょう。

 

 

 

額に集中してニキビが出る時は腎臓と肝臓による解毒機能が低下していることが考えられます。解毒機能をアップさせるハーブのサプリメントや強い利尿作用のあるたんぽぽコーヒーを生活に取り入れるのも良いでしょう。

 

 

 

そしてあごエリアのニキビ。実は20歳を過ぎてからこのエリアのニキビに悩む人が急増するのです。あごやフェイスラインエリアのニキビの原因としてはストレスによるホルモンバランスの乱れや、支給、卵巣実感が疑われます。

 

 

 

ニキビに悩んだ時は出来た部位によって生活習慣を見直してみましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ