スポンサーリンク

ハンドクリームのただしい塗り方。効果を高めてスベスベな手に!

 

 

紫外線や家事、仕事…様々な場面で日々国試される手はダメージを多く受けています。
そんな時に欠かせないのがハンドクリームでのケアですね^_^

 

 

IMG_0928

 

 

しかし、ケアと言ってもただハンドクリームを塗って終わり!という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は正しいハンドクリームの塗り方について詳しくご紹介します!
正しい塗り方さえ知って入れば手荒れ知らずのスベスベの手になれますよ^_^

 

準備もしっかり行うことが大事!正しいハンドクリームの塗り方

 

ハンドクリームの効果を十分に発揮するには
正しい塗り方のほかに準備も大切となります。
ただ塗るだけではないその方法について
お教えします。

 

使用量の目安の把握

 

ハンドクリームを多く使うのはもったいないといって少量だけ使う方もいますがそれでは効果が発揮しません。
ハンドクリームが少量だと塗る際に肌との摩擦が起きてしまいかえって肌を傷つけてしまうおそれがあります。
そのため正しい量を守って塗ることが何より大事なのです!

 

使用量の目安としては

チューブタイプ⇨3、4センチ

長さがわかりにくい場合は人差し指の先から第一関節ぐらいまでです。

ジャータイプ⇨さくらんぼ大

 

まずは化粧水でしっかり保湿

 

 

IMG_0929

 

 

外出先ではなかなか難しいですが出来ればハンドクリームを塗る前は化粧水を塗っておいたほうがより効果を感じられます。

化粧水を塗っておくことでクリームとの相乗効果によって水分を閉じ込めておくことができるのです。

化粧水は顔に塗っているのと一緒でかまいません。普段使っているものがある高級なものであれば安めのやつを購入したほうがよさそうですね!

 

ハンドクリームを温めてから使う

 

ハンドクリームには油分が含まれているので温めてから使うことによって…

•伸びがよくなる
•肌への浸透力がたかまる

 

といった効果があります。
逆に冷えた上達だとこの効果がえられません。

また、クリームだけ温めても手が冷たければこの効果がえられないので…

•マッサージをする
•ホットタオルなどで温める
•温かい部屋や暖房器具で温める

などしてから塗るようにしましょう。
手が暖まると伸びが良くなるほか塗りムラ防止にもなります。

 

手の隅々まできちんと丁寧に塗っていく

 

*正しい塗り方

•適量のクリームを手のひらに取り両手で擦りながら温めていきます。

•クリームを手の甲に優しく押さえて馴染ませていきます。つよく擦り込んでいくと摩擦で肌が痛むおそれがあるので優しく行うようにしてください。

•手の甲に塗り終わったら指の付け根から指先にかけて塗っていきます。指、一本一本丁寧に塗っていきます。

•詰めの周りなどみおとしがちなところも丁寧に塗っていきます。爪の周りは乾燥しがちなのでクルクルとマッサージするような感じで塗っていきます。

•最後に手のベタつきがなくなるように手全体に伸ばします。

 

クリームの効果を高めるためにしっかり浸透させていき塗る際は優しい力加減で塗るように心掛けましょう。

 

手あれがひどい時や潤いを補い合うたいときはスペシャルケアを

 

•就寝前には手袋、ラップを使ってパック

•キューティクルオイルをつかう

 

ハンドクリームを使うにあたっての注意点

 

いくらハンドクリームを正しく濡れていても、注意点を守れないと効果が現れない場合があります。気をつけるポイントについてご紹介していきますね。

 

使用期限を守る

 

ハンドクリームにも他の基礎化粧品同様に使用期限があります。

•未開封の場合は3年以内
•開封後の場合は1年以内

どうしても開封後は空気がはいり参加しやすくなりますから未開封に比べてやはり使用期限は短くなります。

 

直射日光を避け、高温すぎず低温すぎない場所で保存する。

 

ハンドクリームもいってみれば生ものですから、保存法には十分に気をつける必要があります。

ハンドクリームは温度変化に弱いのが特徴です。

 

ハンドクリームの正しい塗り方を理解して女性らしい綺麗な手に

 

手は意外と様々な場面で他人に見られているパーツでもあります。そんな時、ガサガサした手ですと魅力を半減させてしまうこともなりかねません。
そうならないためにも正しい方法で日頃からしっかりとケアをしてあげる事が大事です。

この機会にハンドクリームの正しい塗り方をマスターして、女性らしいスベスベな手を手に入れましょう^_^

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ