スポンサーリンク

洗顔、すすぎの時のベストな温度。よく聞くぬるま湯って何度?

 

 

皆さんはぬるま湯って何度かご存知ですか?

洗顔やクレンジングの際ぬるま湯でと
記入があると思います。

*ぬるめのお湯くらい?
*温水プールくらい?
*給湯器の低温だから気にしてなかった?

 

毎日、どのくらいの温度で顔をすすいでいるか
思い出してみてくださいね!
もしかしたら毎日使っているその水温
ぬるま湯じゃないかもしれないですよ?

意外としらないぬるま湯について
今回はご説明します。

 

 

IMG_0725

 

 

肌質によって違う?ぬるま湯の定義とは?

 

 

ぬるま湯とは大体30℃〜36℃くらいの間の
水温のことをいいます。

*敏感肌⇨30〜34℃
*普通肌⇨35℃前後
*オイリー肌⇨36〜38℃

上記が肌質に別の温度です^_^

 

シンプルだけど効果的!ぬるま湯をつかうメリット

 

*程よく毛穴を開いた状態ができ
不要な汚れや皮脂を落ちやすくする。

*お肌に必要な潤いを残しすすげる。

*必要以上に、皮脂をとりすぎない。

 

水温たかすぎ!低すぎ!のデメリット

 

洗顔やクレンジングの際
つかう水温が高すぎたり低すぎたり
どんなデメリットがあるのかみていきましょう!

水温が高い場合…

*皮脂を取りすぎてしまう。
*お肌の保湿成分まで取り除いてしまう。

水温が低い場合…

*お湯でオフ系のメイクを使用している場合
それすら落とせない。
*毛穴が閉じてしまい汚れ落ちが悪くなる。

特に温度が高すぎる場合はお肌のバリア機能が
落ちてしまって肌荒れや乾燥の原因となってしまいます。

 

《氷水洗顔に高温洗顔、流行のスキンケア法の効果はいかに…》

 

以前、氷水洗顔が一時的に話題になったときが
ありますよね?
毛穴を引き締めたり、シミ、しわに効果が
あるとうたわれたようですが…
最近では話題のヒートショックプロテインを
活用した40〜42℃の高温洗顔なんていうのも
ききますよね?
こちらも細胞を活性化させることで
シミ、たるみを防ぐという効果を
うたっています。

 

氷水で毛穴がキュッと引き締まるのは
一時的なもので気温などて毛穴は勝手に
開いてしまいます。
なので逆に汚れを落としたいのに
閉じてしまうので逆効果です。
また、保湿アイテムの効果も発揮されません。

 

また、ヒートショックプロテインも同様で
高温により皮脂などが必要以上に落ちてしまい
頑張って修復しようと表面的に皮脂をだし
乾燥やテカリの原因につながってしまいます。

 

 

IMG_0726

 

 

 

意外と盲点だった?ぬるま湯の効果を実感して

 

毎日、繰り返している洗顔やクレンジング
そのすすぎももちろん毎日の習慣ですよね。

お肌のトラブルがなかなか改善しない
スキンケアのアイテムを変えても効果が
感じられない…

そんな時は今回、水温について是非
見直してはいかがでしょう?

スキンケアの基礎を兼ね備えたぬるま湯…
今まで注目してこなかったポイントこそ
あなたの肌の綺麗を助けるのに役立つ
かもしれませんよ^_^

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ