スポンサーリンク

夏こそお風呂に入って温まる!シャワーだけではキレイになれない。

 

 

夏は暑いからお風呂に入ることすら面倒!と、シャワーだけで済ませていませんか!?

 

お風呂に入ることはメリットがたくさん。

 

 

 

img_7065

 

 

 

シャワーだけで済ませないで!夏にお風呂に入るメリット。

 

 

夏こそしっかり入浴して汗をかく。血行良くする。健康面でも美容面でも、いいことづくめの夏のお風呂。その入浴効果はこんなにあります!

 

 

身体を温めて冷え性の改善

 

 

やはりシャワーだけで身体の表面を洗うよりも、湯船にしっかりつかったほうが身体も芯から温まります。血行良くして冷え性も改善できるのでしょう。

 

会社の行き帰り以外はほとんどエアコン中に入る、という人も多いでしょう!
思ってるより身体は冷えています。

 

身体が冷えていると生理痛がひどくなったりすることもありますし、何だかだるいといった体調不良の原因にもなります。

 

1日の終わりにしっかりと身体を温めて血流をよくしていきましょう。

 

 

むくみ改善、予防

 

 

お風呂に入ると身体が温まるだけでなく、巡りの良い身体になります。老廃物も排出しやすくなり、むくみも解消できるんですよ。

 

湯船に入ったときの適度な水圧はマッサージ効果があるので、リンパの流れも促進します。夕方になると脚がパンパンという人ほど、しっかりお風呂に入ってスッキリしましょう。

 

 

疲労回復効果で夏バテ防止

 

 

ややぬるめのお風呂にゆっくり浸かることで、筋肉もほぐれ、じわじわと疲れが取れてきます。

 

お湯の中にいると浮力で身体が軽くなります!

 

筋肉や関節にかかっていた圧力も軽減し、身体が楽になります。血行が良くなることで肩こりなど筋肉のコリもほぐれていきますから、疲労が回復しやすくなります。

 

夏のお風呂は夏バテ防止対策としても有効です。

 

 

自律神経のバランスを整えるリラックス効果

 

 

ぬるめのお風呂に入ることによって、自律神経のバランスを整える効果があるのです。私たちはストレスや疲労で自律神経のバランスも乱れがちです。

 

寝ても寝ても抜けない疲れは自律神経のバランス涙が乱れているかもしれません。

 

夏はエアコンの冷たい空気と外気の温度差も自律神経のバランスを乱す原因になりますから、こんな時こそお風呂にゆっくり浸かりましょう。

 

 

いい汗をかいてデトックスできる

 

 

1日中冷房の効いた部屋に入ると汗をかくことも少なくなってしまいます。汗は健康にも美容にも必要なものですから、夏こそ適度な汗をかいてデトックスしていきましょう。

 

いらないものは汗と一緒に出していきたいですが、シャワーだけではそれができません。

 

しかも、汗をかかないとだんだん臭い汗になってしまうのをご存知ですか!?

 

さらっとして臭いのない汗をかくためにも汗腺を鍛えておくことが必要。汗と一緒に老廃物をごそっと出しましょう。

 

そのためには毎日お風呂に入って、しっかり汗をかくことが大事なんです。

 

 

毛穴の中までスッキリ!美肌効果。

 

 

夏は汗も皮脂も増えますから毛穴が汚れやすい季節。夏こそ毛穴のお掃除が必要だと思いませんか。

 

シャワーで洗い流すだけで表面の汚れしか落ちませんが、しっかりお湯につかっているだけでも毛穴が開いて肌の汚れはかなり取れます。

 

新陳代謝も活発になるので、余計な角質も落としてくれますし、つるんとした肌に近づけます。毛穴やくすみが気になる人ほど、お風呂に入ったほうがいいですよ。

 

 

質の良い睡眠を取れる

 

 

熱帯夜が続いて眠れないという時にもお風呂に入ることが役に立ちます。お風呂に入ってしっかり体温を上げることが質の良い睡眠をもたらします。

 

人の身体は体温が下がる過程で眠くなるようにできているので、その仕組みを利用するんです。

 

寝る1〜2時間前に体温を上げることで、熱を放出しながらだんだん深部体温が下がっていき、眠気がやってきます。

 

寝付きの悪い人ほどお風呂につかって体温をコントロールしましょう。この仕組みを利用すればぐっすり眠れるようになりますよ。

 

 

 

夏にお風呂に入らないなんてもったいない!

 

 

夏は暑いからお風呂に入らないのではなくて、暑いからこそ入るのです!汗をかくからお風呂に入らない、なんて言ってる人がいたら、それはとてももったいない。

 

体温を上げて汗をかき、身体の巡りを良くすることが健康にも美容にもプラスになります。いいことづくめの夏のお風呂、早速今日から入りましょう♡

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ