スポンサーリンク

夏の肌トラブルの原因!汗と乾燥がキーワード!

 

 

夏になると、いろいろと肌トラブルが起きますが、あなたはどんな肌トラブルでお困りですか?

 

汗によるむれ、日焼け、虫刺されなどが挙げられますよね…

 

これらの症状がひどくなると皮膚炎にかかったりすることもありますので、夏の前、梅雨の時期から、夏本番まで気をつけていかなければなりません。

 

 

IMG_7884

 

 

 

夏の肌トラブルの原因は?

 

 

①汗による肌トラブル

 

多量の汗で、汗腺が詰まって、赤くなりかゆくなる。

 

汗が肌の汚れや空中のほこりなど一緒になって、汚れに含まれる雑菌が皮膚に繁殖する。

 

汗をかくことで、お肌の保湿成分が出てしまって水分が不足し、乾燥肌になる。

 

汗をかいたあと、日差しや冷房で乾燥した汗の結晶が、皮膚を刺激して、炎症を起こす。

 

アクセサリーの金属が汗に少し溶けて、これが原因で皮膚かぶれを起こす。

 

など、意外と肌トラブルの原因って多いんです!!

 

②乾燥による肌トラブル

 

乾燥は大きく分けて、日焼けによる乾燥とクーラーのかけ過ぎによる乾燥の2つが挙げられます。

 

異常気象と呼ばれる昨今の夏の気候の中では、これらの乾燥は避けることができません!

 

特に外が暑い時は、冷房が効いた快適な空間にいたいですよね!
そうすると、肌の表面が乾燥するとともに、体の中も冷えてしまってるんです。

 

 

 

夏の肌トラブルを防ぐ方法は?

 

 

①汗をかいたら洗い流す

 

外出中で洗い流すことが難しいときは、清潔なタオルやハンカチ、汗拭きシートを使って皮膚を抑えるようにして、ふき取るといいです。

 

汗をかくこたは新陳代謝を促進する生理現象ですが、汗をかいた後、かいたままで放置するのはいけないことです。

 

②肌の保湿を意識する

 

冷房が効いている室内にいる時、紫外線を浴びて肌が乾燥してる時、きちんと保湿することが大切です。

 

保湿ウォーターを持ち合わせていればそれを使ってケアする、持ち合わせていない場合は水を手でパティングして保湿するだけでも効果があります。

 

その後、体の中にも水分補給をしてください。

 

 

img_6833

 

 

③食生活の改善で予防する

 

皮膚の上から汗を拭いたり、保湿も必要ですが、体の中からもケアが必要です。

 

乾燥を防ぐために、肌に潤いを与える成分を摂るようにしてください。

 

乾燥を防ぐ食べ物を摂取して血行を良くし、新陳代謝を良くすると、摂り入れた栄養分を体全体に届け、肌を活性化させターンオーバーを促進することが乾燥を防ぐことにつながります。

 

④適度な運動をする

 

クーラーの効いた室内にいると体の表面だけでなく、内臓も冷えてしまって、新陳代謝が良くない状態になります。
そんな時に体を動かすと乾燥しがちな体をうるおいのある状態にすることができるんです。

 

⑤ストレスをためない

 

ストレスは乾燥肌とどんな関係があるんでしょうか?

 

ストレスをためると、ホルモンバランスが崩れ、皮膚のターンオーバー周期を崩します。

 

そうすると、ターンオーバーが乱れると、毒素を外に排出できず、肌トラブル、乾燥肌につながるのです!

 

あと、ストレスて眠れないと、肌を十分に休めることができないため、せっかく食べ物で潤いを体に与えようとしても、新陳代謝が低下しているので、乾燥肌に潤いを与えることが難しい状態になってしまいます!

 

 

 

汗対策で夏の肌のかゆみを乗り越えよう!

 

 

汗による乾燥からくる肌トラブルは、保湿などによって肌のバリア機能をアップさせることが大切です。人気のスキンケアアイテムを活用して、肌の状態を向上させていきましょう。

 

入浴や睡眠、食生活、ストレス対策など毎日の生活でも肌に負担をかけないような工夫もできるので、できることから実践していってください。

 

また、紫外線や接触性皮膚炎、湿度の低下なども肌への負荷となるので気をつけましょう!

 

厳しい暑さの夏には汗対策など肌への配慮をしっかりと行って、快適に乗り切りましょう♡

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ