スポンサーリンク

夏のお肌を守る正しい食事とは

 

 

年々暑さが増している日本の夏
温度が高いのもそうですけど太陽から降り注ぐ日光そのものが強烈になってきている気がしませんか?

 

実はそれ気のせいではないんです。

 

地球にふりそそぐ紫外線の量は
年々増加傾向にあります。
オゾン層の破壊により地球上に届く
紫外線は強烈なものとなっています。

 

 

IMG_0547

 

 

 

日焼けを招く紫外線。気をつけるべきは2種類の波

 

 

 

日焼けの元となる紫外線

 

まとめて考えがちですが
実は紫外線は3つの種類があります。

 

UVA(A波)

 

UVB(B波)

 

UVC(C波)

 

の3つになります。
このうち地球上に届くのは
A波とB波の2つです。

 

シミやシワの原因となるA波

 

紫外線A波は以下のような特性を持っています。

 

☽肌の内側まで浸透する

 

☽コラーゲンなどの組織細胞を破壊

 

☽シミ、シワ、たるみの原因となる

 

お肌を内側から破壊し、潤いを奪い
カサつきや、シミ、シワなどの
お肌のトラブルを巻き起こします。

 

メラニン色素を刺激し
肌を黒くする紫外線B波

 

紫外線B波は以下のような特性を持っています。

 

☽肌を表面から攻撃

 

☽メラニン色素を刺激して酸化させる

 

☽肌を浅黒く変色させる

 

こちらはお肌の表面から細胞を攻撃し破壊してしまいます。
日焼けで肌が黒くなるのは紫外線B波の
攻撃によるものなのです。

 

日焼け止めで防ぎきれない…
食べ物で中からケアしましょう

 

日焼け止めでは日焼けをすべて無くす事はできません。
皮膚にカバーをかけて日焼けの時間を遅らせるもの。
日焼け止めの他に食べ物で中から肌細胞を
ケアしていきましょう。

 

日焼け予防食①

 

 

IMG_0546

 

 

日焼け予防に効果的と呼ばれる栄養素は?

 

ビタミンA

 

ビタミンC

 

ビタミンE

 

この3つ
合わせてビタミンACE(エース)
と呼ばれるほどのお肌を守るヒーローなのです。

 

特にビタミンCは抗酸化作用でお肌の新陳代謝を促進。
メラニン色素の生成を抑えコラーゲンやエラスチンの生成をしお肌のハリと白さを保ちます。
また、ビタミンACEは3つ組み合わせることによりお肌を美しく保つ効果がUPするのです。

 

予防食事②

 

ビタミンA、C、Eをそれぞれ豊富に含む食材。
(日焼け予防に良い食材はたくさんあります。
なのでここで少し紹介させていただきます)

 

ビタミンA

 

・ブルーベリー
・うなぎ
・ブロッコリー
・レバー
etc…

 

ビタミンC

 

・芽キャベツ
・ゴーヤ
・ブロッコリー
・芋類
etc…

 

ビタミンE

 

・貝類
・ナッツ
・魚
etc…

 

でもこの食材を毎日食卓にならべるのは
とても大変です…
ここでこの問題を一気に解決してくれるのが

 

カボチャ

 

ピーマン

 

イチゴ

 

なのです☺︎
この3つの食材にはビタミンACEが
バランスよく含まれています。

 

カボチャとピーマンなら夕食のおかずとして
多めにとるのは難しくなさそうですね☺︎

 

アフターケア
夜のアセロラジュース

 

アセロラには

 

ビタミンC

 

アントシアニン

という強力な抗酸化物質が多く含まれており
これらは、紫外線で弱った肌細胞を修復し
日焼けによる炎症をケアします。

 

・メラニンの生成を抑える
・浅黒い色素沈着
この2つをダブルブロック!!

 

美白を保ってくれるのです!

 

アセロラジュースが酸っぱくて苦手…
という方は豆乳やカルピスなどで
割って飲むと飲みやすいので
是非おためしくださいᢆ

 

美味しくたべてヘルシーな
美白美人になろう

 

食べ物と、食べる時間を上手に選び
紫外線による肌ダメージをしっかり
ブロックしていきましょう!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ