スポンサーリンク

冷え性なのに足汗をかく!

 

 

足先は冷えてるのに、足の裏には汗がびっしょり!という方いませんか?

 

 

 

img_8550

 

 

 

冷え性だから汗をかくのです!?

 

 

 

冷え性だからこそ、足汗をかくのです。そして足汗が冷え性をひどくしているのです!

 

冷え性の原因は2つ

 

☆自律神経失調による体温調整がうまくいかないこと

 

☆血行が悪いので、熱を体の末端まで運べないこと

 

 

血行が悪く、体温調節がうまくいかないので、冷え性の人の足は、普通の人より温度が低くなっています。

 

 

靴や靴下をはいたり、暖房の効いた部屋に入ったりすると、急に足の温度が高くなってしまいます。
すると、身体は汗をかいて温度を下げろと言う指令を出します。

 

風邪などひいて発熱すると汗をびっしょりかきますよね。汗をかくことで体を冷やして熱を下げるのですが、足にも同じことが起きます!

 

しかも足の裏は汗腺が多いので、汗をびっしょりかきます。
汗は身体の熱をうばい、足はよけいに冷えてしまいます。

 

 

 

足汗は『現代冷え』の特徴!?

 

 

 

冷房で身体は冷えているのに、手足にびっしょり汗をかく。

 

寒くてたまらないのに、手足にびっしょり汗をかく。

 

手足が冷たく凍るようなのに、顔はほてっている。
こういう症状があれば現代冷えという冷え性です!

 

 

現代冷えは、ストレスが深く関わっています!

 

 

ストレスが強く長く続くと、自律神経失調になることがあります。
現代は、自分でも気づかないうちに、深い緊張が続き、耐えれないストレスを受けているのです。

 

また、女性は40歳を過ぎる頃から、卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少します。女性ホルモンが少なくなると、自律神経の働きが悪くなり、血行も悪くなります!

 

しかも、自律神経失調により、女性ホルモンのバランスがさらに乱れ、悪影響です。更年期以外の女性もストレスのために自律神経が失調すれば、女性ホルモンのバランスが悪くなります。

 

過度のストレスのために自律神経が失調し、体温調節がうまくいかなくなり、手足だけでなく、身体全体が冷えてしまうのです!

 

めまい、頭痛、不眠、疲労感、便秘、肌の乾燥など、冷えといっしょに様々な不愉快な症状が出ます。

 

 

 

現代冷えと足汗に、さよならする4つの方法!

 

 

 

①ゆっくりお風呂につかってリラックス

 

ゆっくりお風呂につかることによりリラックスができ、ストレス解消になります。身体全体もポカポカと温まり、血行も良くなります。

 

 

②足汗は、足湯とマッサージ!

 

42℃くらいの熱めのお湯で、両足を足首までつけ、全身がポカポカするまでひたします。

 

ひざ下から足裏を、よくマッサージして、血行をよくしてください。

 

温めてすぎは、逆効果なので気をつけましょう!

 

 

③身体の内側から温めて

 

冷たい飲み物や糖分の多い物は、身体を冷やすので、控えてください!

 

生野菜のサラダより、温野菜!
生姜やニンニク、唐辛子など上手に利用し、肉類・魚類・野菜をバランスよく取りましょう。

 

無理なダイエットは、冷え性を招きます!

 

 

④軽い運動で血行をよくしましょう。

 

長い時間同じ姿勢でいたら、立ち上がって軽く肩や腕を動かすとか、足踏みなどするとか、こまめに身体を動かすだけで、血行がよくなり、ストレスも解消できます。

 

 

 

血行をよくして、冷えと足汗をなくしましょう☆

 

 

 

冷え性だから足汗をかく。足汗をかくから足が冷える!

 

全身の血行をよくするのが一番!

 

ストレスを解消して、自律神経の働きをよくし、体温調節をうまくするのも大事です☆

 

たまには、温泉でも入ってゆっくり、ほっこりしてはどうでしょうか!?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ