スポンサーリンク

お肌のシミの原因と対策って!?

 

 

気になるお肌のシミ!シミはメラニンという色素が肌に染みついてできる薄黒い斑点のこと!!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

シミの原因

 

 

 

肌のシミの原因にはいくつかあります。よく知られているのが紫外線です。しかし、その他にも多々あります。加齢やストレス、睡眠不足、肌の炎症、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常ななどです!

 

 

 

シミのできやすい部分

 

 

✴︎額
日焼けの蓄積が起こりやすいところ。髪の生え際や眉の上など部分的にできることもあります。額全体にできるとかえってシミと言うことに気づかず、お手入れが遅れることも!

 

 

✴︎目の周り
目尻のあたりや、目頭と鼻の間のくぼんだ部分、髪の生え際にできることが多い!

 

 

✴︎頬
日光が多く当たりやすい、頬骨の高い部分にできることが多く、化粧かぶれなどの色素沈着が起こることもあります!

 

 

✴︎口のまわり
口のキワにはできないが、口角から下の部分にできやすく、また、上唇にできるとヒゲのように見えることも!

 

 

 

シミの種類と仕組み

 

 

 

✴︎肝斑
一般的にシミと言われているものの多くがこれにあたります。シミが額や、目や口の周りに左右対象に現れます。
肝斑は、表皮の中でも1番下の基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られるメラニン色素が日焼け後増大し、皮膚の中に沈着してできるシミのことです。

 

 

✴︎そばかす
そばかすは、メラノサイトという細胞そのものが日焼けによって変質してできるもので、子供から大人にまで現れます。紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。頬や鼻の周りに多く現れるほか、手足など体にも現れます。

 

 

✴︎スポット斑(老人性色素斑)
高齢者の額から頬かけて見られるシミです。はっきりした原因は不明ですが、老化による皮膚の変化によると言われています。
しかし早ければ20歳代でも現れる場合があり、『光老化色素斑』とも呼ばれます。

 

 

✴︎肌老化によるシミ
実年齢に限らず肌が老化して起きるシミです。乾燥肌やストレス、睡眠不足、紫外線対策をしないなど、肌が老化しやすい方に現れます。

 

 

 

このように肌のシミの多くは、日焼けによって作られたメラニン色素が肌の中に残って沈着したものです。メラニン色素のおかげで紫外線による肌の害を減らせるのです。ですからメラニン色素が必要なものであるのですが、肌の一部にその色素が残ってしまうとシミになるのです!

 

 

紫外線を浴びると、細胞内の活性酸素(体の酸化、老化の原因)が発生し、メラノサイトと言う細胞が刺激を受けて、メラニン色素を作り出します。

 

 

 

しかし紫外線を受けなくても、活性酸素が発生する原因は他にもたくさんあります。シミに気をつけるには、紫外線以外に『肌を傷つけるようなこと』『活性酸素の過剰な発生』に気をつけると良いでしょう。

 

 

 

できてしまったシミへの対策

 

 

 

できてしまったシミはあきらめないで、正しいケアをすれば薄く目立たなくすることもできるのです。

 

 

 

例えばビタミンCには、メラニン色素を抑える効果があり、シミを防ぐとともに、できてしまったシミを薄くしてくれます。また、コラーゲンの合成を促すので、お肌にハリを与えてくれます。

 

 

 

そのビタミンCの中でもビタミンC誘導体(安定型ビタミンC)は、従来のビタミンCに比べて吸収力が数十倍も高く、酸化を防ぐ効果(活性酸素の消去)もあるので、より良いといわれています。ビタミンC誘導体が配合された化粧品でのケアが良いでしょう!

 

 

Laxceおすすめ商品

 

☆超浸透型ビタミンC美白美容液
ナノブライトエッセンス

 

image

 

超浸透型ビタミンC誘導体に加え、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分を惜しまず配合した超美白エッセンス!

 

 

従来のビタミンC誘導体の200倍の浸透性と供給性が、シミ予備軍を軽減してくれます。

 

30ml ¥15120

 

 

☆ビタミンC誘導体配合美肌化粧水
薬用ホワイトニングVC

 

image

 

持続型ビタミンC誘導体(アスコルビン酸グルコシド)がメラニン色素の生成を抑えてシミやくすみを防ぎ、毛穴の目立たない、白くきめ細かな肌に整えます。

 

 

ミストタイプなので、腕や背中にもお使いいただけます。

 

60ml ¥3240

 

 

☆ノンケミカル処方日焼け止め下地クリーム
デイリースキンヴェールUV

 

img_6585

 

日焼けを防ぐとともに、野菜やフルーツの保湿成分が肌に潤いを与え、また毛穴やくすみを目立たなくして、メイクくずれも防ぎます。

 

30g ¥3456

 

 

 

スキンケアでお肌に潤いを

 

 

 

シミに必要になるケアは美白成分プラス傷ついた肌をケアする成分です。スキンケアの場合は美白成分と保湿成分や美容成分が必要!紫外線によるシミのケアにはそのようなスキンケア製品を選びましょう。

 

 

 

また、できれば食事の改善やサプリメントで、ビタミンCの働きを助けたり、肌の再生や形成を促すためのミネラルや各種ビタミンをとってあげるとなお良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ