スポンサーリンク

カサカサお肌はもう嫌!目の周りの乾燥を防ぐポイント!♡

 

 

 

目の周りの乾燥!気になりませんか?目の周りは他の部分と比べて皮膚が薄く皮脂腺が少ない為、特に乾燥しやすい部分です!!

 

 

 

IMG_7234

 

 

 

スポンサーリンク

 

目の周りが乾燥しやすいのはなぜ?

 

 

目元の皮膚は、顔のほかに部分に比べて皮膚の暑さが4分の1程度しかありません。皮脂腺や汗腺もほとんどなく、肌のバリア機能が弱いため、水分が逃げやすくハリを保ちづらい部分です。

 

 

 

1分で15回もせわしなく行うまばたきや、眼球の動き、笑いジワなど表情筋の動きで、伸び縮みすることも乾燥の原因になっています。

 

 

 

加えて目をこすったり、落ちにくいマスカラなどのアイメイクを落とすときの摩擦も、バリア機能を低下させてしまいます。

 

 

 

目の周りの症状とその原因

 

 

◎メイクしてから時間がたつとシワっぽくなる。

 

ファンデーションが筋になってヨレてしまうのは、乾燥によってメイクの密着度が弱く、皮膚の動きについていけなくなっているからです。もともとの保湿不足に加えわカラカラの室内がそれを悪化させている可能性があります。

 

デスクの上で加湿器を使うなど、身の回り半径1メートルだけでも湿度を高める対策がオススメです。

 

 

 

◎赤くなって痒みがある

 

季節の変わり目や、花粉やホコリなどのアレルゲン物質が飛散するとかゆみが出ることがあります。それは皮膚のバリア機能が弱っている証拠です。

 

こすらずに保湿をしっかり行い、目元専用クリームなどで皮脂膜の代わりを作ってあげると改善する場合があります。

 

 

 

◎ヒリヒリして化粧品がしみる

 

化粧品全般に言えることですが、塗ってヒリヒリするものは肌質に合っていない可能性があります。
肌に刺激を感じさせやすいアルコールやビタミンCなどがふくまれたものを避けましょう。

 

いつも使っている化粧品が急にしみるようになったら、お肌のバリア機能が低下しています。その場合、低刺激の化粧品を選びましょう。

 

 

 

◎目尻の深いシワ

 

「拭く」ことが目元の乾燥を引き起こすこともあります。もともと涙の量が多い人や、目をこする癖がある人、目薬をよく使用する人は小ジワができやすく、やがて目尻の深いシワにつながることも!!

 

 

 

触れる回数を極力減らし、お手入れの時は特にやさしく、摩擦を起こさないように心がけてください。

 

 

 

目の周りの乾燥対策として、目元はとにかくやさしく!保湿をしっかりしましょう♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ