スポンサーリンク

今時期気になる敏感肌は実はストレスも関係しているって知ってた!?

 

 

 

敏感肌とは、バリア機能が低下してカサつきや赤みなどが起こった状態です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

敏感肌で悩む人が急増‼︎

 

 

 

肌のバリア機能が低下すると、皮脂膜がもろくなり、肌の天然保湿因子と細胞間脂質の生成量が激減するため、乾燥や紫外線などの外敵から守られなくなり、刺激を受けやすくなってしまいます。

 

 

 

そして、近年では30代〜40代の女性を中心に敏感肌症状を訴える人が増え、その数はニキビ悩みの約10倍とも言われています。

 

 

 

ストレスフルな日々が肌調子を大きく左右する

 

 

 

バランスの悪い食事や、睡眠不足、花粉やPM2.5などに加えて、大きな要因になっているのが現代女性特有のさまざまなストレスです。

 

 

 

ストレスによって緊張状態に陥ることで血管が収縮し、血流、代謝、免疫力が下がって、バリア機能を低下させます。

 

 

 

さらに敏感肌は健康な肌の人に比べて老けて見える

 

 

 

バリア機能が低下した肌=敏感肌

 

 

 

ですが、敏感肌はコラーゲンが破壊されてハリが低下するのに加えて、外部刺激を受けることでターンオーバーも必要以上に早まり、キメが乱れてくすみが発生します。

 

 

 

さらにバリア機能が弱った肌の隙間からは水分がどんどん放出されて乾燥が深刻化します。

 

 

 

小ジワも増え、見た目年齢にかなり差が出てくることも。。。

 

 

 

IMG_8927

 

 

 

とはいえストレスを取り除くのは不可能。日々のケアでバリア機能を強化し、備えましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ