スポンサーリンク

要注意!敏感肌はしみ・シワになりやすいって本当!?

 

 

 

ほうれい線が目立ってきた、キメが荒くザラつく、ピリっと痛みを伴う肌荒れ…そんな肌トラブルの原因が何か知っていますか?

 

 

スポンサーリンク

 

あなたも敏感肌かも?

 

 

image

 

 

実際、自分は敏感肌だと気がついてない人もいるのでは?

 

 

【敏感肌チェック項目】

 

・使いかけの化粧品がしみることがある
・季節の変わり目はたいていお肌が不調
・肌が乾燥してるのにニキビはできる
・お化粧のノリが悪い
・風に当たるとお肌がピリピリする
・いつもと違う化粧品で赤くなったり、腫れたりすることがある
・急に寒くなったり、日光に当たると赤く湿疹のようなものができる
・秋から冬にかけて、肌が乾燥して皮が剥けたり、粉を吹くことがある
・汗をかくと、肌がむず痒くなる
・いつも睡眠不足だと思う
・外食が多いと思う
・仕事などのストレスが多いと思う

 

 

 

0〜3個→隠れ敏感肌。油断せずに日々のケアをキープしてください。4〜8個→軽度の敏感肌。今のスキンケアが合っていないと思ったら、スキンケアの見直しを。9個以上→重度の敏感肌。すぐにスキンケアの見直しが必要!

 

 

 

 

ふっくらツヤツヤ、潤いを保つのに必要ような成分って?

 

 

敏感肌チェックで軽度・重度の敏感肌だった方は要注意!

 

 

 

敏感肌のケアを怠ると、目の周りのたるみや口元に刻まれるほうれい線など、老化のスピードが普通肌の人より早くなると言われています。

 

 

 

皮膚膜のすぐ下は角質層です。この角質層には刺激や異物、紫外線から体内を保護する(バリア)役目があります。水分がたっぷり保たれ、ふっくらとした状態であれば本来の保護する力を発揮しますが、きめが荒くなりヨレヨレな状態では保護機能がうまく働きません!

 

 

 

一度何かのきっかけで敏感肌を引き起こすと、次から次へと刺激に過敏に反応してしまう…なんてことにもなりかねません!

 

 

 

なぜ敏感肌になるの?

 

 

敏感肌になる原因は様々ですが、過激な洗顔や紫外線による刺激、日ごろからエアコンの効いた乾燥度の高い室内に長時間いること、さらにはダイエットによる食事の偏りなども挙げられます。

 

 

 

使っている化粧品に含まれる添加物が原因になることも。化粧品には最低限の添加物はつきものですが、問題なのはどの成分入ってるかが重要です!

 

 

 

敏感肌にならない為にも、スキンケア・生活環境など、気をつけたいですよね☆

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ