スポンサーリンク

気をつけて!冬は知らない間に肌の悩みが深刻化してるんです!

 

 

 

冬の肌を取り巻く環境は、夏以上に過酷と言えるかもしれません。

 

 

 

冬は1年で1番気温が低く、暖かい室内はカラカラの砂漠状態で、外に出れば北風が体温をうばっていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

肌も髪も体もこの時期にはさまざまな肌悩みを誘導してしまいます

 

 

img_8749

 

 

乾燥した肌は潤いをたくわえておくことができず、しぼんで毛穴が目立つようになり、ごわつきが肌のくすみを助長してしまうこともあります。

 

 

 

さらに、水分保持能力が低い肌は、ターンオーバーが早まって未熟な細胞が各層に並び、バリア機能が低下してしまいます。

 

 

 

冬は血流も悪くなり、顔のむくみやたるみの原因になってしまう事もあるので冬はスキンケアのさい血行を促す事も大切です。

 

 

 

カサカサ肌の原因は?

 

 

 

きちんとケアしているのに乾燥止まらないと思ってる人も多いと思います。

 

 

 

それは、やっているつもりがやっていないお手入れが原因かもしれません。とにかく肌に水分を補い、潤っている時間を長くすること、水分を与えたくわえられる肌に整えることが大切なのです。

 

 

 

まずは化粧水、美容液、クリームの基本ケアの見直し!

 

 

 

肌に水を与える化粧水は乾燥で硬くなりやすい肌にすっとなじませたあと、同量の化粧水を2度づけすることで肌を潤いで満たしましょう。

 

 

 

次に保湿成分がたっぷり配合された美容液を顔全体に下から上に押し込むようになじませて手の体温を使い1分間を目安に肌の奥に浸透させてください。

 

 

 

最後にクリームです、クリームは不足しがちな油分を補い、肌を外的刺激から守る役目もあるので、特に乾燥しやすい冬には欠かせないアイテムです。

 

 

 

クリームのあとは、その上に蒸しタオルをのせ、タオルが冷め始めるくらいまで温感パックをして、さらに保湿とバリア機能をアップしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ