スポンサーリンク

女性ホルモンは肌にはもちろん、髪にもかなり影響しています!

 

 

 

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、前者が妊娠をバックアップするのに対して、エストロゲンは女性らしさを生み出し、維持する作用がメインです。

 

 

 

その分泌量は20代後半から次第に減少していきます。

 

 

 

それによって影響を受けるのが肌です。

 

 

 

肌に潤いを与える作用があるエストロゲンの減少により、感想やシミといった加齢変化がじわじわ出始めます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

女性ホルモン量の変化と髪トラブルは関係ある?

 

 

 

エストロゲンには、髪を成長させてハリとコシを与える作用もあります。

 

 

 

そのため分泌量の減少とともに髪にも変化が現れ、なみを打ったようなうねりが出るようになったり、指通りが悪くなったり、髪がぺちゃんこになりやすく、ボリュームがなくなったりします。

 

 

 

具体的にはどんなケアが必要になる?

 

 

 

なにより健やかな毛が生えるための土壌である頭皮環境を整える事が大切です。

 

 

 

ケア方法で一般的なのが毎日、みんなが行うシャンプーです。

 

 

 

シャンプー剤をよく泡立てて頭皮の隅々まで洗います。

 

 

img_8705

 

 

シャンプー剤は髪の悩みや仕上がりだけで選びがちになりますが、肌と同じで頭皮のタイプも人それぞれ。

 

 

 

季節や年齢によっても異なります。

 

 

 

自分の頭皮状態をしっかり把握し、よりあったものを選ぶことで頭皮トラブルを防ぐことができます。

 

 

 

顔の肌と同じように自分にあった商品を見極めてシャンプーやトリートメントを選んでいきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ