スポンサーリンク

ぐっすり眠れてる!?質の良い眠りは、美の最大の秘訣!♡

 

 

 

ぐっすり眠った日は体調も肌も絶好調です!寝付けない、眠りが浅い、起きられない、など睡眠トラブルのある方はストレスも溜まりやすく体調不良になったり悪循環な方が多いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

あなたはちゃんと眠れてる?

 

 

下記の事が多く当てはまるほど睡眠の質が低下中です!

 

 

 

□寝る時間、起きる時間が毎日バラバラだ

 

□朝の目覚めが悪く、熟睡感がない

 

□夜中に何回か目が覚める

 

□ 日中に何回も眠気に襲われる

 

□寝付くのに30分以上かかる

 

□寝る直前までスマホ見ている

 

□週末に寝だめする

 

 

 

睡眠の質が悪いと…

 

 

 

▪️肌が荒れる

 
▪️太る

 
▪️イライラしやすくなる

 
▪️病気になりやすくなる

 
▪️仕事の効率がダウンする

 

 

 

などトラブルが起きます。

 

 

 

ぐっすり眠る事はお金をかけずに簡単にできる最も有効な美容法なのです。

 

 

 

睡眠の3大悩みを解決

 

 

 

〈なかなか寝付けない人は〉交感神経が優位になっている可能性があります。

 

 

 

ストレスがあったり、脳が活性化しているなどの理由で交換神経が優位になって体も緊張し、ますます寝付きが悪くなります。

 

 

 

また日中の活動が少ないことも眠気が訪れにくくなる原因です。

 

 

 
日中に活動をたくさんし、寝る前には快眠ストレッチなどして体を動かし、体を温め、リラックスモードを心がけ副交感神経のスイッチを入れてみて下さい。

 

 

 

〈夜中に何回も目が覚める人は〉体の緊張が強くて体が冷えている可能性があります。ストレッチなどで血行を良くして体の緊張ほぐすのが効果的です。

 

 

 

1日の食事でしっかりとタンパク質を摂ることでメラトニンの材料が補えます。

 

 

 

また冷えを感じる人は腹巻でお腹を温めたり、湯たんぽの利用などして体を温め血液循環を良くしましょう。

 

 

 

〈朝なかなか起きられない人は〉朝すっきり起きられないのは、睡眠時間が足りていない可能性があります。もう少し早く寝て睡眠時間を増やしましょう。

 

 

 

また不規則な生活で体内時計が乱れていると起きるべき時間になっても目が覚めません。

 

 

 

目覚めが悪い時は両手で左右の耳タブをお持ちぐっと引っ張ってみると脳が刺激され目覚めやすくなります。

 

 

 

また、寝床で目覚めのストレッチをして血行を良くし交換神経のスイッチを入れ活動モードにしましょう。

 

 

 

image

 

 

夜が長くなるこれからの季節!良質な睡眠を心がけて健康的に冬を過ごしたいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ