スポンサーリンク

睡眠後、3時間が眠りのゴールデンタイムって知ってた!?

 

 

健康的な肌にとって大切なのは睡眠によって多く分泌される(成長ホルモン)です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

お肌のゴールデンタイム説に疑問⁈

 

 

 

近年広がっていたお肌のゴールデンタイム説。

 

 

 

午後10時から午前2時までに睡眠をとらないと肌に良くないと言うものです。現在はその説は医療分野を中心に疑問視されています。

 

 

 

代わりに重要とされているのが(入眠後3時間)と言うものです。

 

 

 

成長ホルモンは、入眠後深い眠りに落ちる際に一気に分泌されると言うことが明らかにされてきました。

 

 

 

つまり何時に寝たとしても、睡眠後3時間以内にまとまって分泌されており、また実は日中も少しずつ分泌されていて、たとえ徹夜したとしても1日の総分泌量は変わらないと言う結果が出ています。

 

 

 

睡眠不足が体に及ぼす影響

 

 

 

▪️集中力、判断力の低下

 

▪️免疫機能の低下

 

▪️生活習慣病や心疾患のリスクが高くなる

 

▪️食欲が亢進する

 

▪️気分が鬱気味になる

 

▪️血糖値が上がる

 

▪️血圧が上がる

 

 

 

ストレスフルな現代人は、5人に1人が睡眠トラブルを抱えていると言うデータがあるなど深刻で、慢性化すると成人病のリスクまで高まります。

 

 

 

睡眠を深めるには?

 

 

 

睡眠は光、音、温度など様々なものが影響受けるので、好みの寝具で暗く静かで快適な睡眠環境を見直すことが重要です。

 

 

img_8362

 

 

規則正しい食生活で内臓のリズムを整えれば、目覚めやすく寝付きやすくなるというデータがあります。

 

 

 

まずは睡眠を甘く見ず、良質で深い眠りを再考していきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ