スポンサーリンク

生理周期に合わせたお手入れで美肌をコントロールしよう!♡

 

 

女性の体と女性ホルモンの関係は密接で、肌にも大きな影響与えるため、1ヵ月の生理周期を知る事は美肌にとても大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

卵胞期

 

 

 

月経期から排卵までのこの時期は肌は比較的安定しているので、化粧品を変えたり、新しい化粧品を使い始めたりするのに適しています。

 

 

 

さらに、食欲をセーブしやすく、むくみもすくない時期のために、ダイエットを始めるのに効果的だと言われています。

 

 

 

黄体期

 

 

 

排卵後は体温が高くなって、真実に様々な不調を起こすPMS(月経前症候群)などを伴うこともあり、イライラして肌の調子が整わないことも。

 

 

 

PMSが強いほど、ネガティブな感情が強くなるとも言われています。アロマオイルでむくみやすい足を軽くマッサージすることで心身をリラックスさせるのも手です。

 

 

 

この時期は、ニキビや吹き出物が出やすいため適度な洗顔を行いましょう。

 

 

 

さらに、シミもできやすくなるので、保湿ケアとともに日焼け予防の徹底を。

 

 

 

月経期

 

 

 

黄体期と月経期は、睡眠を充分にとってストレスを溜めないようにし、肌をいたわって保湿を心がけましょう。

 

 

 

生理中は、体温が低くなって結構が悪くなるので保湿も意識すること。

 

 

 

不足した女性ホルモンを食べもので補う!

 

 

 

女性ホルモン(エストロゲン)が及ぼす肌の変化には、同じような働きをする成分「イソフラボン」が豊富に含まれている大豆食品(豆腐、納豆、枝豆、味噌)をとると良いでしょう。

 

 

 

ただしなんでも取りすぎはいけません。日本人なら誰でも日常的にとっている、日本の伝統的調味料の醤油や味噌は大豆からできているので大豆食品は場合によっては取りすぎてしまうこともあります。

 

 

image

 

 

 

女性はホルモンの関係によってもストレスや肌トラブルが起こるので自分が今どんな時期か見極めながら過ごしたいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ