スポンサーリンク

雨の日のもやもやヘアを解消!雨の日だってかわいい私に♡

 

 

最近毎日雨ばっかり。雨の日って、せっかくかわいくセットしたのにすぐに湿気でもやもやヘアに…。湿気からくる髪のうねりはヘアケアや朝のセットの仕方で変わるのです。湿気に負けない髪を作るヘアケアの方法とセットをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

どうせもやもやヘアになっちゃう…

 

 

image

 

 

天気予報によると、今日は朝からずっと雨らしい。そんな日は、しっかり朝に可愛くセットしてもすぐに湿気でもやもやヘアに…

 

 

 

湿気からくるうねりは前日のケアや当日のセットの仕方で変わるのです。

 

 

 

前日の予防は「潤いを閉じ込める」

 

 

まず、なぜ髪がうねってしまうのか。それは、髪が傷んでいるから。

 

 

 

髪が傷んで乾燥していると、空気中の水分を髪が吸ってしまいます。そうすると髪がうねってもやもやヘアになってしまうのです。

 

 

 

もやもやヘアにならないために、まずは髪のダメージケアから始めましょう。

 

 

 

髪の毛は常に空気中の水分が出たり入ったりする状態になっています。その水分が髪の中で過多になりムラになって入るので、状態の違う部分が髪の一本一本の中にでき、うねうねと膨張し始めます。

 

 

 

シャンプー前はしっかりブラッシング

 

 

image

髪のダメージと関係ないじゃん。と思うかもしれませんが、シャンプー前のブラッシングはやるか、やらないかで大違い。

 

 

 

シャンプー前にブラッシングを丁寧にやることで、汚れやもつれをしっかり取ってから髪を洗うことができます。

 

 

 

髪は濡れているときはとってもダメージを受けやすいので、シャンプー中のダメージを最小限に抑えることができます。

 

 

 

髪を洗う前の乾いている状態のときに髪をとかすことで、髪の絡まりやホコリ、汚れやフケが浮かび上がって落ちるのです!

 

 

 

トリートメントはマスト!

 

 

シャンプーを丁寧に行ったら、トリートメントをしましょう。傷んだ髪をしっかりケアして、傷みを緩和し、これ以上のダメージを抑えてくれます。

 

 

 

トリートメントは髪に潤いを与えてくれるもの。コンディショナーは髪の潤いを閉じ込めてくれるもの。なので、トリートメントを後はコンディショナーでフタをしてあげましょう。

 

 

 

トリートメントを地肌にべったり付けてしまうと、頭皮の毛穴の詰まりの原因にもなりかねません。また、髪は毛先の方がより傷んでいるため、地肌を避けて毛先中心につけるようにしましょう。

 

 

 

髪が傷まない乾かし方をマスターして

 

 

image

ドライヤーをテキトーにやってませんか?ドライヤーは熱を長時間髪に当てるため、髪のダメージを進行させてしまうことも。

 

 

 

ドライヤーを行うときは
○なるべく早く乾かす
○髪とドライヤーを20センチ離す
○根元から毛先の順番に乾かす
○9割乾いたら冷風にチェンジ

 

 

 

これらのポイントをおさえて髪を乾かして。

 

 

 

朝のヘアセットは「しっかりキープ」

 

 

まずは髪の湿気をオフしましょう。寝癖がひどいときは、水やスプレーで濡らして乾かしてから。髪が乾く時に髪のかたちがつきます。なので、伸ばしながら髪を乾かすのがポイントです!

 

 

 

オイル系をスタイリング剤を使って

 

 

image

 

 

 

髪をしっかりセットしたら、スプレー前にオイル系のスタイリング剤で髪をコーティングしましょう。

 

 

 

傷んだ髪が、空気中の水分を吸ってうねってしまうので、水をはじくオイルで髪にフタをしてあげましょう。ヘアオイルならダメージケアもできちゃいます!

 

 

 

もやもやヘアを解消して雨の日だって可愛く!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ