スポンサーリンク

質の良い睡眠で明日の美を作る!効率的な睡眠とは?

疲れ果てて寝ようとしても連日の猛暑で熱帯夜が続き、ぐっすり眠れないことありませんか?皆さん、最近、十分な睡眠とれていますか?
 
 

 

質のよい睡眠をとるために

 

 

「睡眠は最高の美容液」「美は夜つくられる」などの言葉があるように、質のよい睡眠を確保することは、疲労回復という点でも、美容という点でもとても大切なこと。

 

 

 


では、そもそも、「質のよい睡眠」とはどんな眠りを指すのでしょう。人間の睡眠には、体を休息させる「レム睡眠」と、脳を休息させる「ノンレム睡眠」があり、これらが交互に訪れることで、心と体の休息を得ることができるのです。

 

 

 


そのため、レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく取ることが、質の良い睡眠を取るのに重要な役割を果たしています。レム睡眠とノンレム睡眠を1セットとすると、一度の睡眠でこれらを4〜5セット繰り返すのが一般的。

 

 

 


個人差はありますが、睡眠時間に6時間、7時間半程度をあてると、心地よく目覚めることができ、質のよい睡眠を手に入れることができると言われています。

 

 

 
 

ぐっすり眠るには?

 

 

IMG_1961

 

「ベッドに入ってもなかなか寝付けない」「しっかり寝ているはずなのに、寝起きの体が重い」などの症状に心当たりのある方は、一度、寝るまでの習慣を見直してみるといいかもしれません。

 

 

 


そこで今回は、ぐっすり眠るための5つのヒントをご紹介します。
 
 

 

 

① 就寝前に軽い運動を取り入れる

 

 

入浴後、全身が温まったら、ストレッチやマッサージなどの軽い運動を取り入れるのがお勧めです。血液の循環が良くなり、心も体もリラックスできますよ。

 

 

 


毎日5分でもいいので、無理のない程度で行うことが、長く続けるポイントです。体の筋肉をほぐしてあげることで、一日の疲れを取ることができます。

 

 

 
 

② ノンカフェインを心掛ける

 

 

寝る前はなるべくリラックスした状態を作りたいので、ノンカフェインの飲み物を中心に取るといいでしょう。

 

 

 


特に、香りのいいハーブティーなど、リラックス効果の高い飲み物がお勧めです。

 

 

 


カフェインの入ったコーヒーや健康ドリンクなども眠りを妨げてしまうので、避けたほうがよいでしょう。寝酒代わりの飲酒も×。

 

 

 


アルコールの摂取により、夜中に目が覚めてしまうことも。
 
 

 

 

③ 就寝時間・起床時間を決めておく

 

 

IMG_1960

 

「12時に寝て6時に起きる」というように、就寝時間と起床時間を毎日同じ時間に設定することはとても重要。

 

 

 


同じ時間に起きて、同じ時間に寝ることで体内時計のリズムが整い、無理なく自然に、眠りにつくことができます。

 

 

 
 

④ 脳が休める準備を整える 

 

 

テレビを付けたまま寝たり、音楽を聴きながら寝ていては、脳の休息は得られません。

 

 

 


寝るときは部屋の電気を消し、眠りに集中できる環境を整えましょう。寝付きの悪い方は、就寝前の読書もオススメです。ただし、ミステリーは逆に目が冴えてしまうので、ご注意を。
 

 

 

 

⑤ 部屋の明かりも大切な要素

 

 

部屋の明かりは、太陽光に似た蛍光灯の白色灯ではなく、月明かりのような暖かみのあるものがベスト。

 

 

 


日中は蛍光灯を、夜は置き型のライトをうまく活用することで、心地よい睡眠が手に入れられます。

 

 

 


寝る前のパソコンやスマートフォンも控えたほうがいいですね。
 
 

 

 

まとめ

 

 

IMG_1958

 

質の良い睡眠を得るためには、自分で環境を整えることも重要です。

 

 

 


ぐっすりと眠ることができれば、日中の活動も積極的に行うことができ、心と体のリズムも自然と整ってくるはず。

 

 

 


体にも心にもうれしい “寝る前の習慣”を自分なりに身に付けることが、明日の美へとつながりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ