スポンサーリンク

気になるニキビ跡のケアの仕方

ニキビが治まってひと安心と思ったら、今度はしつこいニキビ跡に悩まされる…という人は意外と多いものです。

 

 

 

ニキビ跡は一度出来てしまうと、なかなか治りません。

 

 

 

正しいお手入れをしながらじっくりつき合って、少しずつ目立たなくしていきましょう。

 

 

 

お肌のケアには大きく分けて2つのタイプがあります。

 

 

 

まず1つ目は、洗顔や保湿など化粧品を使うタイプ。

 

 

 

これはお肌の表面に直接働きかけるケアです。

 

 

 

そして2つ目は、お肌を内側からケアするタイプ。

 

 

 

身体の中から肌に働きかけるケアです。

 

 

 

例えば、お肌に必要な栄養を摂取することや質の高い睡眠をとることが挙げられます。

 

 

 

どちらも健やかな肌にはとても大切ですし、ニキビ跡を治すためにも欠かせません。

 

 

 

具体的に気をつけるポイントを確認しましょう。

 

 

 

image

 

 

 

(1)洗顔

 

 

 

スキンケアの基礎になるのが洗顔です。

 

 

 

毎日の洗顔で、私たちは余分な皮脂やメイクの汚れ、古くなった角質などを洗い流してお肌を清潔に保っています。

 

 

 

正しい洗顔を行うことにより肌のターンオーバー(皮膚の再生)も促すので、ニキビ跡のケアにも大切です。

 

 

 

洗顔時の注意点は、洗い過ぎなどによる刺激を肌に与えないこと。

 

 

 

過剰な洗顔はかえって肌トラブルを引き起こす原因ともなります。

 

 

 

また、洗顔後のお肌に石鹸成分が残らないようにすすぎもしっかり行いましょう。

 

 

 

(2)保湿

 

 

 

ニキビ跡を治すには、健やかな皮膚を新たに作りだすことが重要です。

 

 

 

それには、肌の生まれ変わりとも言えるターンオーバーを正常に整える必要があります。

 

 

 

正常なターンオーバーのカギとなるのが「保湿」。

 

 

 

私たちの肌に存在する天然の保湿成分の力を上手に働かせると共に、化粧品を有効的に使用し、肌に潤いを与えることが大切となります。

 

 

 

しっかりと保湿することで、お肌の正常なターンオーバー(新陳代謝)を手助けしニキビ跡を治していきましょう。

 

 

 

(3)食べ物

 

 

 

肌に良い食事の決め手は“栄養バランス”です。

 

 

 

現代の食生活では過剰に摂取しやすい炭水化物や糖質、脂質をできるだけ控え、数多くの食品からバランス良く栄養素を摂取する必要があります。

 

 

 

また、それぞれの栄養素には特徴や役割があります。

 

 

 

ニキビ跡を治すために有効とされる栄養素を多く含んだ食べ物を意識的に摂取して、身体の中からお肌を健康に導きましょう。

 

 

 

(4)サプリメント

 

 

 

健康的な肌に必要な栄養素のなかには、体内で作りだせないミネラルなどもあります。

 

 

 

また、食事だけでは不足しがちな栄養素も出てくるでしょう。

 

 

 

そのような時には、サプリメントで必要な分を補うことをオススメします。

 

 

 

(5)睡眠

 

 

 

ニキビ跡を治すには、ホルモンの働きを整えることも大切です。

 

 

 

成長ホルモンが最も活発に分泌されるのが、睡眠直後の3時間。

 

 

 

この時間に良質な睡眠をとることで、お肌のターンオーバーを促進しましょう。

 

 

 

このように、ニキビができにくい体質に変えていくことや、ニキビができても炎症させないように肌の内側と外側から働きかけるケアを続けて、健康なお肌へと導きましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ