スポンサーリンク

かかとのひび割れ対策!角質除去としっかり保湿がポイント。

 

 

毎日、スキンケアやボディケアと同じようにかかとのケアをしていますか?

 

ストッキングを履く時、かかとのひび割れやカサカサでストッキング伝線したり、ひび割れが悪化してかかとが痛くなった経験をした人もいるのではないでしょうか…

 

かかとがひび割れを放っておくと痛みが出て歩くのが困難になることもあるんですよ!!

 

かかとは自宅に簡単にケアができるので、ひび割れの症状が少しでも出てる人は、すぐにでもケアをするようにしましょう。

 

 

CDE98413-2FAD-46D8-8FE8-802A667392AB

 

 

自宅で簡単にできる!かかとのひび割れ対策とケア方法。

 

 

かかとも顔一緒で、ケアをしてあげないとカサカサになったりひび割れを起こしたりします。

 

かかとのひび割れには2つ原因があり、1つは角質層が厚くなって乾燥して起こるひび割れ、もう一つが水虫によるかかとのひび割れです!

 

症状によってケア方法は違うので、自分のひび割れがどれに当たるかを知って、しっかりとひび割れケアをしましょう。

 

古い角質が原因の場合は柔らかくして取り除く!

 

かかとのひび割れの1番の原因は、古い角質が厚くなり、その部分が乾燥して起こるものです。

 

石鹸で洗っただけでは古い角質すべては落ちません。また、厚くなった角質が硬くなっているので、柔らかくしてあげる必要があります。

 

入浴時やお風呂上がりはかかとも柔らかくなってるので、ケアをしやすくなっています。角質を落とすときは次のような道具を使うときれいに落とすことができます。

 

★ヤスリ

★軽石

★電動リムーバー

 

どれも角質を落とすことができますが、あまり強く擦りすぎると角質だけではなく皮膚を傷めてしまうこともあります。

 

かかとの角質ケアは、あんまりやりすぎると肌への刺激になり皮膚が硬くなってしまいます。

 

軽石などを使うのは、月1〜2回程度でも十分角質を落とすことができます。

 

角質がたまらないようにするのにオススメなのが、スクラブです。

 

顔を洗うスクラブ洗顔でかかとを洗えば、角質が溜まりにくくなるためツルツルのかかとを手に入れることができます。

 

スクラブで洗うのも毎日ではなく、週に2〜3回程度で十分です。

 

 

かかとが乾燥しないように毎日保湿をする。

 

 

ひび割れを起こさないようにするには、乾燥を予防する必要があります。

 

角質を落としても、肌が乾燥すれば肌がカサカサになり、ひび割れを起こしやすくなります。

 

かかとも顔と同じように、乾燥しないように毎日保湿ケアをしてあげることが大事です。クリームだけでもいいですが、顔のスキンケアと同じような形をしてあげると乾燥知らずの柔らかいかかとになります。

 

★コットンに化粧水を含ませ、かかとにたっぷりと化粧水をつける。
★ある程度化粧水が乾いたら、かかとに保湿クリームをたっぷりと塗る。

 

クリームをたっぷり塗ると、べたつきが気になるという人は靴下を履いて保護してあげるとさらに効率がアップします。

 

保湿クリームは、かかと専用クリームじゃなくても大丈夫です。

 

★ワセリン
★ニベア
★尿素配合クリーム
★ハンドクリーム

 

肌が乾燥しやすくかかとが硬くなりやすい人や、素足でいることが多い人は、肌を柔らかくする働きがある尿素が配合されたクリームがおススメです。

 

 

かかとのひび割れは改善だけじゃなく予防することも大事!

 

 

かかとのひび割れを改善しても、予防をしなければすぐにまた同じようにカサカサのかかとに戻ってしまいます。

 

ひび割れのケアが終わったら、次にそうならないように予防するようにしましょう。

 

 

かかとが乾燥しないように保湿を十分にする。

 

 

かかとのひび割れは、乾燥が原因で起こるものもあります。

 

改善策できれいなかかとになっても、保湿を毎日してあげないと、すぐにカサカサになりひび割れの症状が出てきます。

 

お風呂上がりや靴下を脱ぎ履きした後、保湿効果の高いクリームを塗ってかかとに潤いを与えてあげるようにしましょう。

 

肌が乾燥しやすい人は、顔と同じようにかかとにもこまめにクリームを塗ってあげるようにしましょう。

 

 

下半身が冷えないように血行を良くする。

 

 

女性に多いのが冷え性です。特に、下半身が冷えるという人が多く夏場でもひざ掛けが欠かせないという人もいます。

 

血行ご悪くなると、肌の代謝が悪くなり肌のターンオーバーが乱れてきます。肌のターンオーバーが乱れると角質が溜まりやすくなったり、肌の乾燥につながります。

 

冷えないようにするためには温めるだけではなく、血行をよくしてあげることも大事です。

 

下半身が冷えないように温めたり、足を動かす運動することによって血行を良くしてあげましょう。

 

 

かかとのひび割れは『取り除く』『補う』で改善

 

 

かかとのひび割れは、とにかくいらない角質を取り除いてしっかりと保湿をしてあげることが大事です。

 

これをするだけで、あのゴワゴワした硬いひび割れかかとの症状は改善できます。

 

かかとがひび割れているいると歩くのも困難になります。そうならないためにも、毎日しっかりとケアしましょう❤︎

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ