スポンサーリンク

サロンでのトリートメントは必要?それともホームケアが大切?

髪のダメージや、パサつき、引っかかりなど、髪の手触りを気にされている方はどのようにケアをしていますか?

ケアが必要だなーと、思っていてもどうしたらいいのかわからない、
サロンでケアしてるけど、どうなのかな?
ホームケアがんばってるよ!!

など、様々だと思います。

よく、サロンワークでもお客さまに聞かれるのが、

・トリートメントの違いが分からない。
・トリートメントってみんな一緒じゃないの?
・自宅でケアしてるから大丈夫。

など、、、

実はトリートメントというものに対して、色々と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回はトリートメントについて徹底解説!!

トリートメントって何?

“トリートメント”
と称されるものはたくさんあり、何がどういう時に必要なのかわらないという方も多いのではないでしょうか?

主に3種類のトリートメントがあります。

①シャンプー後につける洗い流すタイプのトリートメント(インバンストリートメント)

②ドライの前につける洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)

③サロンでケアするトリートメント

①、②はホームケアになります。
ここで一番のキーポイントなのが、③のサロンでするトリートメントです。

今の時代、カラーもパーマもストレートも全てやってますという方も多く、最低でもどれか1つはやってますという方が大多数を占めます。
なので、それらを維持したり、ダメージ補修をしたりという効果のあるトリートメントは絶対に必要であり、なくてはならないとものです。
もし何もしなければ、当然髪の命が短くなるだけです。
たしかに、みんながみんな同じダメージを起こすわけではなく、それぞれの髪質や髪の状態によってもダメージ具合いは変わります。
全部やってても髪質がしっかりしていてあまりダメージを受けてないように感じる方もいれば、カラーしかしてないのに、ひどいダメージになっている方…十人十色様々です。

サロントリートメントの何がいいのか?

今は、バージンヘアで黒髪のショートヘアとかでない限り、サロンでトリートメントを勧められたことがある方がほとんどだと思います。

私達美容師がオススメするのには理由があります。

①ホームケア商品ではできない、内部補修をしっかりとしてくれます。
質感なども軽いサラサラ感が欲しい方、しっとり重さがあるのが好きという方。そんなのも調整できます。

②カラーの色持ちをよくしてくれ、褪色を防いでくれます。
内部補修をし、キューティクルにも働きかけてくれるので、色もしっかり入り定着させてくれます。
パーマやストレートも、かかり具合いや持ち、をよくしてくれます。

③もとの髪以上に、髪質改善や、乾燥から髪を守ってくれます。

いかかでしょうか?

またこれらトリートメントをした後、ご自宅に帰ってからのケアもやはり必要で、サロンでトリートメントしたから家では何にもしないというのもダメで、
トリートメントの持ちをよくするためにもホームケアも大事になってきます。

サロントリートメントの必要性が少しでも多くの方に伝わったら嬉しいなと思っています。

またホームケアも、どんなケア方法が髪の状態と自分のライフスタイルに適してるのか、など、
随時お伝えさせていただくようにしています。
気になる方はいつでもご相談くださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ