IMG_2921

1日たった3分で♡美ボディになりましょう♡

もう夏休みも終わりますね。
夏休みといえば『ラジオ体操』ですよね。
小さい頃から、何となくしてたラジオ体操って、実はとっても体にいいのをご存知でしょうか?!

昔から変わらないラジオ体操第1、第2の秘密をみていきましょう。

 

 

 

ダイエットに効果がある

 

 

 

ラジオ体操には、第1と第2があるのですが、わずか3分程度の体操で、25〜30の消費カロリーとなります。
この消費カロリーは、ウォーキングなどと同じ有酸素運動の効果、筋トレやストレッチなどをするのと同じ効果を得ることができます。

 

 

 

健康効果

ラジオ体操をすると、身体が温まってポカポカしてきますよね?!
実はこのポカポカがとても身体にいいんです。

◯肩凝り改善や予防

ラジオ体操によって、首や肩の柔軟性を高める事で、筋肉の緊張をほどき、肩こりを改善します。

◯むくみや冷え性改善

体を動かすことで血流が促されると、老廃物の排出効果が高まり、むくみや冷えといった症状が改善します。

◯便秘解消効果

ラジオ体操では、お腹をひねる動きが多いことから、腸が刺激されお通じが促されて便秘を解消してくれます。

◯姿勢が良くなる

ラジオ体操を行うことで、骨の周りについている筋肉(骨格筋)が鍛えられ、背筋や背骨が矯正されるので、正しい姿勢を続けることがつらくなくなります。

◯美しい体のラインを作る

体重を落としても、体のラインが崩れたままだと綺麗には見えないですよね。
ラジオ体操は、体の軸をしっかりと整える動きが含まれていることから、自然と正しい姿勢が身に付くことで、凹凸のある女性らしい体のラインを作ることができます。

◯自律神経のバランスを整える

人間の体には交感神経と副交感神経という、2つの自律神経があり、体調をコントロールしています。しかし、ストレスや疲労がたまると、これらの自律神経がバランスを崩してしまいます。
その結果、体の冷えや下腹部の張り、胃の不快感といったさまざな不調が出ることに。体の不調は、さらなるレスを生み出します。こうなると代謝や消化が低下し、太りやすい体質になるのです。
ラジオ体操には、こうした自律神経の乱れを整える効果があります。短時間で行えるので、忙しい人でも継続しやすいのが嬉しいですね。

 

 

 

ラジオ体操の正しいやり方

 

 

 

せっかくのラジオ体操をダラダラとしても、全然ダイエットや、健康にはなりません。
ちょっとしたコツがあるので、意識して下さい。

指先を軽く握る

ラジオ体操で伸びの運動や腕を振る運動、回す運動を行うときは、指先を軽く握りましょう。これは余分な力を入れないためです。イメージとしては生卵をつぶさずに握る程度が良いとされています。

 

 

 

腕の運動の場合

 

 

 

腕の運動には、両サイドに伸ばす運動や、大きく回す運動があります。

腕を伸ばす運動は、肩甲骨が動いていることを意識しながら行いましょう。

腕を回すときは、肘を伸ばして大きく回すことを意識してください。

また、腕にばかり意識がとられて思わずかかとを上げてしまう人がいます。

しかし、これでは十分な効果が得られないので、かかとは地面につけた状態をキープしましょう。

 

 

 

胸をそらす場合

 

 

 

胸をそらす運動を行うとき、上半身の運動と勘違いしてお腹を前に突き出したり、胴体を後ろにそらす人がいますが、これはNGです。

胸をそらす運動は、胸筋や腕の内側の筋肉を伸ばすためにあります。
足を肩幅よりやや広く開くと効果的に行えるので、意識的に足の開きを変えてみましょう。

体をねじる、伸ばす運動の場合

 

 

 

伸びの運動を行うときは、背筋を伸ばすことを意識しましょう。

できる範囲でしっかり伸びを行うことは大切ですが、勢いのつけすぎでかかとまで上げないよう気を付けてください。

体をねじるときは上半身だけ軽くねじるのではなく、腰からしっかりねじりましょう。腕を体に巻き付けるようなイメージが理想的です。

 

 

 

効果的な時間帯

 

 

 

ラジオ体操でダイエットする場合は、朝昼晩の1日3回行うのが理想的です。

しかしなかには、学校や、お仕事などで、1日に3回も行うのは難しい方もいると思います。
その場合は、悩み別に最適の時間帯を選んで行うとよいでしょう。

夏休みによくやる、朝のラジオ体操は、体をしっかり目覚めさせることができ、朝から活動的に行動することができることから、代謝アップが期待できます。

昼食後のラジオ体操は効果あり。身体を動かすことでまず、血糖が使われます。
そのため血糖値があまり上がらず眠たくなるのを防ぎます。午後からの仕事もはかどります。

夕方のラジオ体操は特に、16時から18時はダイエットに効果的な時間帯です。
この時間帯の体は活動中のため体温が高く消費カロリーも高くなっています。 
この時間帯に運動することで、より一層のカロリー消費効果が期待できます。

夜のラジオ体操は、寝付く前に、ラジオ体操をすると一時的に体温を上げることになります。
そして、体温が下がりはじめると眠たくなりますので、寝つきがよくなります。
これは寝る前の2時間前が理想です。

ラジオ体操のまとめ

昔から馴染みのあるラジオ体操。
小さい頃からやっていた体操がまさか、こんな簡単にダイエットできてしまうなんて、驚きですね。
普段動かしてない筋肉も動かす事ができ、美しい体のラインを作る事が出来ます。
道具も要らないので、どこでも出来ますので、あなたも普段の生活にラジオ体操取り入れてみて下さい。