季節の変わり目で気になる大人のエイジングと正しい自宅ケア

季節の変わり目で気になる大人の髪と頭皮のエイジングケア

大人の頭皮のエイジング

 

 

 

顔やボディと同じように地肌も、エイジングにより肌質が変化して、ターンオーバーが乱れてしまって弾力をつくる水分やコラーゲンの量が減少してきます。
地肌が薄く硬くなると、根元の髪を支える力が弱まってボリュームの低下に……

 

 

 

髪の毛のお手入れには、こだわっていたりカラーの褪色やパーマのダメージなどで分かりやすく、自分自身でも『髪の毛が乾燥している』『最近ハリコシが無くなってきた』『ボリュームが出ない』『まとまらなくなってきた』など感じやすいです。

 

 

 

地肌に関しては無関心な方が多かったり、頭皮の状態がわからない人、頭皮の変化に気づいてない方など様々です。
しかし顔と繋がっている地肌も、肌のうちです。お顔と一緒でむくみや、たるみなどの症状がでたり、美しい髪を育む為には、年齢に応じた自分に合ったケアが大切です。

 

 

 

変化が気になる大人の髪の毛

 

 

 

今までとお手入れは同じなのに、ダメージが気になったり手触りなどの質感が悪く扱いにくくなったと感じませんか?

 

 

 

エイジングにより髪は痩せて強度が弱まり、たんぱく質や脂質が減少して髪の毛の構造が変化してきます。
髪に必要なものが減少することによって髪の毛の中に空洞ができてうねりや、キューティクルの減少、浮き上がりでまとまりにくくなったり、艶や弾力も低下。

 

 

 

普通に生活しているだけで受けてしまう日常的なダメージも、髪を痩せさせる事で更に影響を受けやすくなります。
髪は年齢を映し出すものとも言われており、美しい髪を保つためには、自分髪質、頭皮状態、年齢に合わせたヘアケアがとっても大切になってきます。

 

 

 

ヘアケアはシャンプーから!

 

 

 

毎日キレイにシャンプーしているつもりでも、地肌や髪には要らないものが日々付着していきます。
汚れだけではありません!普段使っている水道水に含まれている金属イオンもその1つ。

 

 

 

金属イオンが年齢と共に髪には蓄積していき、ごわついてツヤがなくなったりせっかくしたトリートメントの浸透の妨げになる事もあります。

 

 

 

だからと言って強い洗浄力のシャンプーで洗いすぎるのはNGです。顔のクレンジングと同じ感覚で、要らないものだけをマイルドに取り除く事が大切になってきます。

 

 

 

地肌と髪の毛をリセットするシャンプーも健やかな地肌と美しい髪を育むために欠かせないケアです!エイジングした地肌と髪の毛はとてもデリケートです。必要な水分や油分までも取り過ぎない様に、優しい洗浄成分でたっぷり泡立つシャンプーなどがオススメですね!

 

 

 

正しくシャンプーするだけで美容効果がUP

 

 

 

仕事や家事で疲れた日は、手早く済ませたり、つい爪を立ててガシガシ雑に洗ってはいませんか?

 

 

 

急いでいたり、手早くしようとしても、地肌を指の腹で軽くもみほぐすように優しくシャンプーをしてあげるといいですね

 

 

 

またきめ細かな泡が地肌の隅々まで、行き渡り汚れを優しく取り除いてくれます。マッサージする事によって血行を良くして、健康な髪が育つ環境に近づけてくれます。

 

 

 

地肌と顔の肌は繋がっているため硬くて結構が悪くなるとたるみの原因に!柔らかくハリのある地肌を保つ事が、顔のハリを保つ秘訣でもありますね

 

 

 

毎日のシャンプーからドライヤーまでのシャンプーの仕方だったりオススメケア方を紹介!

 

 

 

スタイルやデザインを長く楽しむには、地肌と髪の毛コンディションをキープする毎日の「シャンプー」「トリートメント」「ドライヤー」が大切になってきます。

 

 

 

実は、毎日のシャンプーで髪の毛キューティクルを傷づけてる場合や、せっかくトリートメントしているのにつけ方によって浸透力が落ちて効果があまり効いていない事も!正しいケアで健康な頭皮と髪の毛を保っていきましょう!

 

 

 

シャンプー「しっかりすすぐ」

 

 

 

地肌がじんわり温まるぐらいが目安です。十分にすすぐ事で汗や汚れの大半が落ちで、シャンプーの泡立ちが良くなりシャンプーの節約にもなります。

 

 

 

すすぐ前にブラッシングで髪のもつれを解いておくと、絡まりもふせげます。

 

 

 

シャンプー「泡で地肌を洗う」

 

 

 

しっかりと泡立てた、たっぷりのクリーミーな泡で、地肌全体を指の腹を使ってマッサージするように洗います。

 

 

 

髪の毛汚れは、泡が髪の毛に行き渡る頃には十分に汚れは落ちています。すすぎは洗い残しがないよにしっかりと流します。

 

 

 

トリートメント「毛先からつける」

 

 

 

髪の毛の水気をしっかりときって、傷みがきになる毛先につけてから髪の毛全体になじませていきます。

 

 

 

すすぎはヌルつきが無くまなるまでしっかり流します。この時に地肌にもトリートメントが残らないようにしっかり流します。

 

 

 

毎日のシャンプーからドライヤーまでのシャンプーの仕方だったりオススメケア方を紹介!

 

 

 

スタイルやデザインを長く楽しむには、地肌と髪の毛コンディションをキープする毎日の「シャンプー」「トリートメント」「ドライヤー」が大切になってきます。

 

 

 

実は、毎日のシャンプーで髪の毛キューティクルを傷づけてる場合や、せっかくトリートメントしているのにつけ方によって浸透力が落ちて効果があまり効いていない事も!正しいケアで健康な頭皮と髪の毛を保っていきましょう!

 

 

 

シャンプー「しっかりすすぐ」

 

 

 

地肌がじんわり温まるぐらいが目安です。十分にすすぐ事で汗や汚れの大半が落ちで、シャンプーの泡立ちが良くなりシャンプーの節約にもなります。

 

 

 

すすぐ前にブラッシングで髪のもつれを解いておくと、絡まりもふせげます。

 

 

 

シャンプー「泡で地肌を洗う」

 

 

 

しっかりと泡立てた、たっぷりのクリーミーな泡で、地肌全体を指の腹を使ってマッサージするように洗います。

 

 

 

髪の毛汚れは、泡が髪の毛に行き渡る頃には十分に汚れは落ちています。すすぎは洗い残しがないよにしっかりと流します。

 

 

 

トリートメント「毛先からつける」

 

 

 

髪の毛の水気をしっかりときって、傷みがきになる毛先につけてから髪の毛全体になじませていきます。

 

 

 

すすぎはヌルつきが無くまなるまでしっかり流します。この時に地肌にもトリートメントが残らないようにしっかり流します。