IMG_2594

夏にも肌が乾燥するんです!!

 

冬ならまだしも夏でもベタつきの中でも悩みの種となるのが、お肌の乾燥ですね。お肌が乾燥する仕組みについて、また夏に乾燥する理由、さらには保湿のポイントをご紹介します。

 

肌が乾燥する仕組みとは?!

 

 

まずお肌について少しお話していきましょう。お肌は大きな区分けでは、最も外側に位置する表皮とその下にある真皮に分かれます。表皮自体も、角層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層からなりたちます。つまり、外部からの刺激を受けにくい構造ではあるのです。またお肌の最も表面は毛穴からでる皮脂と汗による天然のクリームに覆われているのです。

 

しかし、お肌がカサついたり、白くフケの様な粉がお肌にあることがあります。
それを皮脂欠乏症といわれる状態です。

 

天然のクリームが失われ、表皮の最も外側の角層が破壊される理由は、外気の乾燥やエアコンの風、扇風機の風などによるものが考えられます。それ以外にも、紫外線を浴びすぎたりお肌を強く洗いすぎることも原因となっています。

 

角層はそもそも0.02mmといったとっても薄い部位なので刺激が強すぎるとダメージを受けやすいのです。そして角層が破壊されると、お肌を守るバリア機能が低下するので、乾燥しやすくなってしまう訳です。

 

皮脂欠乏症が悪化してしまうと、皮脂欠乏性湿疹という炎症を起こすリスクも高まります。それらに加えて女性は40代を境に、性ホルモンのバランスが崩れ、皮脂の分泌量が減ってしまう事も見逃せません。

 

 

夏に肌が乾燥する仕組み

 

肌が乾燥を起こす仕組みはご理解いただけたでしょうが、夏の乾燥にはさらに特徴があります。夏といえば、太陽が元気で紫外線がとってもきつくなりますよね。また、気温が非常に高くなることから、エアコンを使用する頻度が高くなります。つまり、紫外線とエアコンの風が夏肌の乾燥には大敵なのです。

 

日焼け防止のために日焼け止めクリームを塗っている方も多いことでしょう。しかし紫外線の光というのは非常に強いため、刺激が強くなります。

 

その為、お肌のターンオーバーを早めようと、表皮の最も奥側にある基底層から有棘層、顆粒層、角層の順にどんどんと新しい細胞が作られていきます。ただし、通常よりも速いスピードでのターンオーバーである為、出来上がる細胞自体も不完全です。

 

またせっかく出来上がった細胞にも十分な水分が与えられない為、弱い皮膚が出来上がります。そんな弱い肌は、紫外線からの刺激を避けることが出来ず、どんどんと乾燥の悪循環を生んでしまうのです。

 

エアコンの風は、汗をかいた後などはサラッと肌を乾燥させてくれて嬉しいものです。しかし、ずっと当たり続けるとどんどんと水分を奪ってしまいます。また、エアコンの風が吹き付けるように強いと乾燥度合いも強まってしまいます。そこで、エアコンの風がお肌に直接当たらないように気を付けたいものです。

 

夏は紫外線とエアコンの風にくれぐれもお気を付けくださいね。

 

 

保湿の為には水分をしっかりと摂る

 

 

では、お肌を乾燥から防ぐことはもちろんいかに保湿していくのかが大事なポイントとなってきます。

 

また夏の肌は汗をかきやすいので、汗の刺激で痒みが出てしまう事もありまし。つまり非常にデリケートになっており、正しい保湿ケアが欠かせません。

 

お風呂などに入るときに保湿入浴剤を使用するのがオススメです!夏は暑いからお風呂につかりたくないというあなた、夏のだるさを解消するにもお風呂につかることはとっても大切なのですよ。冬場ほどしっかりとした保湿入浴剤でなくても、植物性のエキスが配合されたデリケートな肌に優しいものを選ぶといいでしょう。これだと、自然な感じで保湿してくれますし、紫外線などによるお肌のダメージにも優しいのでオススメです!

 

これからの時期暑さの中にも乾燥が潜んでいるので、是非乾燥対策をオススメします!