IMG_1226

春のイメージチェンジにオススメmen’sスタイリング剤!

春のイメチェンにオススメ!men’sスタイリング剤紹介!

ジェルタイプ

 

 

 

ジェルタイプのワックスは、濡れたようなツヤ感でパキッと固まり、一度固まると高いキープ力を出してくれます!
ショートのヘアスタイルの方や黒髪の方には、ツヤ感で遊ばせたりシンプルなスタイルにも味を出してくれます。

 

 

 

最近では、ツヤ感のスタイルも定番になって普通のワックスとジェル系のツヤ感ある物の2つで使い分ける方も多いですし、2つ混ぜて少し質感を変えるのもオススメ

 

 

 

髪が濡れている時に使用するものが多いので、朝お風呂上がりにそのままセットできたりします。
濡れているときにつけるのでボリュームダウンさせたいかにもオススメですね

 

 

 

グリース

 

 

 

こちらもツヤ感のものになるのですが、ジェルとワックスの間のような質感で粘質あります。
仕上がりもパキッとしないので手直ししたい場合もすぐに直せたりできます。

 

 

 

スプレーワックス

 

 

 

スプレーワックスは、ワックスの動きや質感を出す力と、スプレーの固める力、両方持った物になってます。
すぐに固まってやりづらく思われるのですが、時間の経過によって「ワックスの動きや質感」→「スプレーの固める力」に変わっていくのでそこまで気になりません。

 

 

 

またスプレー状なので周り全体につくので、ワックスのような動きのある毛束を出すのは難しいです。
コテなので一度もないカタチを作ったものに使われるのもオススメです。

 

 

 

ススタイリング剤ってどんな物があるの?ワックスの種類やタイプを紹介!

ワックスのタイプ

 

 

 

ワックスと言ってもいろいろなタイプが存在します。
タイプの特性など知っておくと、「つけた方」「使用量」「自分の髪質に適したもの」「自分のスタイルに合わせたり」などいろいろです!

 

 

 

ファイブァータイプ

 

 

 

言葉の通りに、ファイブァー=「繊維」で糸を引くように伸びの良いタイプになってます。この伸びによってとても付けやく初心者にでもオススメです。

 

 

 

油分の割合が多く、「ツヤ感」「セット力」があるのが特徴です!
スタイル的には、毛束を作るスタイルがオススメ!
束感をしっかり出したい方や、スタイリングを楽しみたい方にもオススメですね。

 

 

 

初心者にオススメなのですが、油分が多いので付けすぎると髪がワックスの重みに負けてペタッとした見た目に見えやすいくなりやすいです。
なので初心者にも、オススメのですが付けすぎには注意です!

 

 

 

マット、クレイタイプ

 

 

 

呼び名は、「クレイ」「マット」などあるのですが質感は、2つとも同じです。
乾いたような質感になっており、割合的には油分少なくなっておりツヤとはまた変わった質感を楽しめます!
今はツヤ感ある質感がおおくありますので、逆に際立っていいですね。

 

 

 

触った感じは、他の物に比べて硬く粘質も強くは無いので髪が硬い方や、髪が長い方は少し使い辛いかもしれません。

 

 

 

ミルクタイプ

 

 

 

ミルクタイプは、割合的には半々にでなじみも良く中にはトリートメント成分も入っており乾燥気味な人やナチュラルに仕上げたい人にオススメ!

 

 

 
またパーマスタイルにもオススメでトリートメント効果もありなじみ良くファイブァータイプと違いこねこねしてもセット力が落ちずそういっためんでもいいですね。
IMG_1226