IMG_2092

紫外線対策は今の時期からでも早くない!

これからどんどん天気が良くなって、外に出る機会も増え、太陽に当たる時間も増えてくると思います。
そんなとき、気になるのが紫外線です。

しかし、紫外線はなんとなく夏に多いと思っている方が多いと思います。
もちろん、夏も紫外線量は多いのですが、この時期から紫外線対策をしておく事も必要です。

春は、冬の乾燥で肌が弱っているところに、急に紫外線が増えるのです。
そのため、3月、4月、5月も紫外線対策はとても必要なんです!

 

 

紫外線の種類

意外と知られていないかもしれませんが、
紫外線にも種類があるんです。
代表的なのが、

「UV-A」
肌が黒くなる日焼けをします。
UV-Aは、肌の奥深くまで届き、DNAを傷つけ、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどにじわじわとダメージを与え、 肌の老化につながりす。
私たちが普段浴びている市街の90パーセントがUV-Aです。
雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質があるため、室内や曇りの日でも対策が必要です。

「UV-B」
肌が赤くなる日焼けをします。
UV-Bは、エネルギーが強く肌の表面の細胞を傷つけ炎症を起こして、シミやシワ、皮膚ガン、免疫力の低下、白内障などの原因となります。
地上に届く量は、紫外線全体の約10パーセントほどですが、有害性は、UV-Aの100〜1,000倍と言われています。

「UV-C」
最も有害と言われているUV-Cは、オゾン層に吸収され、地球には届きません。

 

紫外線の量

紫外線の量は、紫外線の強さとその時間の長さです。
紫外線の強さが強いのは、6月から8月頃が多いと言われています。
また、場所によっても紫外線の量は変わりますし、天候によっても左右されます。
さらに、1日でみると、日中の紫外線は強くなります。

日差しの強い真夏には、紫外線に対する意識も高まり、UV対策を行いますが、本当に気をつけるべきは、今の季節です!
UV-Aは5月!
UV-Bは8月ごろにピークを迎えます。

油断しているシミやシワを作っているかもしれません!
今の時期からのUVケアは全然早くはありません!

紫外線に良い食べ物とは?

紫外線は、外からの保護も必要ですが、身体の内側からのケアも必要です。

特に気をつけて摂りたい食べ物とは、
「ビタミンC」
シミの元、メラニンを作らせない、できてしまったメラニンを薄くする。
コラーゲンを増やしてシワやたるみを予防してくれ、さらに免疫力もアップします。

「ビタミンE」
細胞が酸化するのを防いでくれる役割りがあります。
血流も良くしてくれます。

「リコピン」
紫外線による活性酸素から肌を守り、シミの元、メラニンをつくらせない。

UV-Aがピークを迎える5月に備えて、今から紫外線に負けない身体作りをしておきましょう!

 

紫外線対策

そんな紫外線を予防するために、
外出時の日焼け止めクリーム
UVカットの効果のある化粧品などを使う
日傘、
帽子をかぶる
長袖
なるべく日陰にいること
手袋、アームカバーをする
紫外線が強い時間帯の外出は避ける

など対策することで地道ではありますが、肌を保護することが、必要です!

 

 

ちなみに、、、
身体の中の皮膚で、二の腕の内側の皮膚と手の甲の皮膚を比べると、肌の色やキメの細かさや、柔らかさが全然違うと思いませんか?

本来持っている肌は、二の腕の内側のようなキメの整った、白い肌なのです!!
これが長い年月をかけて紫外線を受けてきた中で手の甲に、シミやシワができてきたのです。

「もう、遅いかも…」と思っている方も、
今日からコツコツ紫外線対策をしていくことで、5年後、、10年後の肌は変わってきます。
いつまでもキレイな肌でいるためには、小まめなケアが必要です!!
日常生活の中で少し気をつけるだけで出来ることなので試して見てください!