IMG_1204

オススメ旬のお魚紹介!旬な物を食べて体の内側からキレイに

オススメの旬のお魚

今回は、オススメの旬のお魚について紹介です!お肉よりもお魚が良いとよく言われておりますが、実際にお魚のどんなところが良いのかも紹介していきます!

 

 

 

お魚の良いころ

 

 

 

お魚の刺身には、たくさんの酵素と言われる物が入っています。生のお肉やお魚、フルーツ、お野菜に多く入っており、お肉は生で調理するのは、難易度が高くそれに比べてお魚は刺身でとっても簡単に酵素を摂取できます。
お野菜やフルーツでプラスで食べなくてもおかずのお魚で摂取出来るところもいいところです。

 

 

 

酵素は何がいいの?

 

 

 

消化活動や新人代謝の活動、血液循環の活動を助けてくれる大切な栄養楚になってきます。
もともと体内でもつくられるのですが歳とともに体内での生成も少なくなってきますので外からの摂取もとても大切です。

 

 

 

また先ほどもちらっと紹介したのですが、酵素は熱に弱く加熱の工程をしてしまうと破壊されてしまうとても繊細な栄養素です。
最近では、グリーンスムージーなど加熱などせずに美味しく手軽に摂取出来るものも増えてきましたね!

 

 

 

オメガ脂肪酸

 

 

 

コレステロール値を下げたり、中性脂肪を減らしたり、動脈の硬化を抑える役割があります。
特に青魚に多く、鮭、タラ、ニシン、さばが代表的です。オメガ脂肪酸は、お魚意外には豆類、しそ汁、くるみ、エゴマ油などから摂取できて少しお魚に比べて取りづらい部分もあるのでお魚が特におすすめです。

 

 

 

丸ごと食べれてオールマイティの栄養素達

 

 

 

いろいろなお魚がいますが、基本的にお魚一匹から人間の体の骨の栄養、内臓などの臓器関係の栄養までオールマイティにとれてとも他の食材に比べてとても体に優しいです。

 

 

 

お魚の目玉の料理や小さい魚や、調理方によっては丸ごと食べれて余すごとなく食べる事ができかつ健康てきです。
今は、ジャンクフードなどでお肉の方が手軽に取れる時代なのですが、お魚を食べる風習がもっと根強くなるといいですね。

 

 

 

旬の魚たい

 

 

 

鯛は良質なタンパク質を多く含んでおり、また脂質が少なく、カロリーも低く見た目以上にヘルシーに食べれます。
良質なタンパク質は、体力、筋力、免疫力を向上させてくれます。

 

 

 

多価不飽和脂肪酸、ドコサヘキサエン酸、コイサペンタエンなども含んでおり、疲労回復、成長促進、動脈硬化も防いでくれます。

 

 

 
IMG_1204