バレンタイン特集!恋と美肌に栄養豊富なチョコレートが凄すぎる!

 

 

 

チョコレートの主な原材料であるカカオ豆。古代より「神の食べ物」として重宝され、ヨーロッパでは薬剤として取り扱われていた時代があったようです。

 

 

 

カカオには種だけではなく果実もあり、その両者を同時に発酵させたものがチョコレートなのです。発酵させ、独自の製法で乾燥させたものを固めたものがチョコレートとして販売されています。

 

 

 

チョコレートの美肌効果が凄すぎる!

 

 

 

チョコレートは、ある程度であれば紫外線で受けたダメージを修復してくれる効果があります。実は、カカオポリフェノールには、皮膚の炎症を抑えたり、保湿力のアップ、肌のキメをととのえる、肌の血行を促進しますので、ターンオーバーにも有効で、損傷した肌細胞の修復を行なってくれるのです。つまりは、ニキビの予防や改善にとても有効なのです。その上、カカオにたくさん含まれているミネラルの1つである「亜鉛」は、細胞を作っていく上で必要なもので、それ自体にも細胞の修復効果がありますので、いろいろな意味でチョコレートはお肌を強化する上で強い味方になってくれます。

 

 

 

たくさんの栄養素がたっぷりと詰まっている!

 

 

 

カカオには、ポリフェノールの他、テオブロミン、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
この栄養素たちは一体どのような効果があるのか、詳しくみていきましょう。

 

 

 

・ポリフェノール

 

 

 

一般的に、ポリフェノールには活性酸素を除去する効果がありますので、お肌のシミ、しわ、たるみ、くすみ、乾燥肌に有効です。また、活性酸素の大量生成は細胞を破壊することにもなりますので、がんや生活習慣病もまねいてしまいます。その予防としてもおすすめな栄養成分なのですが、カカオポリフェノールは抗酸化作用においてはポリフェノールの中ではトップクラスに入りまして、それは、赤ワインの2倍の量と言われています。

 

 

 

・テオブロミン

 

 

 

チョコレートの苦味成分で、血行を促進し冷え性、肩コリなどの血行不良が原因で生じる疾病を改善したり、水分の停滞で生じるむくみの改善も行います。カフェインにも血行促進効果はありますが、覚醒作用があり、あまりおすすめではありません。しかし、テオブロミンの場合は血行促進の他、脳への刺激を行い、リラックス効果の高いセロトニンの分泌を促しますので、リラックスしつつ、血行促進ができるので身体への負担が少なくてすむのが良い点です。

 

 

 

・食物繊維

 

 

 

カカオ由来の食物繊維は不溶性の食物繊維であるリグニンです。便秘の解消に有効で、腸内環境もよくしてくれるので、くさいおならが出にくくなります。

 

 

 

・カカオバター

 

 

 

カカオに含まれている植物性の油ですが、中性脂肪やコレステロール値を減らしてくれる効果があります。その上、脂肪分は体に吸収されにくいという特徴もあるので、ダイエットにも効果的です。

 

 

 

・ミネラル

 

 

 

チョコレートにはたくさんの種類のミネラルが含まれています。カリウムは、過剰摂取したナトリウムを外に出してくれる効果。銅は、骨や血管の強化をし、鉄分の働きを助けてくれる効果。亜鉛は、たんぱく質の合成や、酵素を作ったり、味覚や嗅覚の正常化をしてくれます。鉄は、貧血予防や赤血球のヘモグロビンの材料になるので女性に嬉しい成分です。

 

 

 

・ビタミン

 

 

 

まずはビタミンC。美肌の代表格である通り、抗酸化効果、美白効果、さらに粘膜の生成もたすけてくれます。そしてビタミンEは、抗酸化効果はもちろん、血管を健康にしたり、血流を良くしてくれます。抗がん作用やコレステロール値を下げる効果もあります。また、βカロテンは、粘膜の健康、美肌効果、がん予防、身体の成長促進、黄斑変性症の予防、夜盲症の予防や改善にも効果があります。チョコレートはビタミンだけでもこれだけの効果を得ることができます。特にポイントとしては、水溶性と脂溶性のビタミンの2つが含有されていることです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

チョコレートにはたくさんの良い栄養素が含まれているのがお分かりいただけたでしょうか?とはいえ、なんでも食べ過ぎはいけません。カフェイン、テオブロミンが多くありますので、特に妊娠中の方やお子さん、お年寄りは注意しましょう。目安としては20g〜50g程度です。1日1〜2粒、板チョコの場合は4分の1程度が良いと思われます。
バレンタインでいただいたチョコレート、大事に食べて下さいね!