image

スマホやパソコンから出る光。ブルーライトの影響と対策は?

 

 

 

あなたは1日何時間パソコンやスマホを触りますか?!1時間も触らない方もいれば、仕事で使っているから何時間も触る方もいるとおもいます。普段何気なく使用しているパソコンやスマホ。しかし、画面の光に人体への影響があったのです。

 

 

 

実はパソコンやスマホからはブルーライトとゆう光が出ています。ブルーライトとゆう言葉を耳にしたことがある人もいると思いますが、このブルーライト、私たちの身体に影響があるのですがイメージとしては目に良くないとゆうイメージですよね。ブルーライトの浴び過ぎは目の疲れだけでなく、実は睡眠にも影響があるんです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ブルーライトとは?

 

 

 

人の目で見ることのできる光を可視光線といいます。その可視光線の中でも強いエネルギーをもっています。LEDディスプレイやLED照明にも含まれています。

 

 

 

目に与えるの影響は?

 

 

 

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目に直接的なダメージを与えます。また、スマートフォンを長時間見たり、デスクワークで1日中パソコンを使用することで目を休めてあげることができなくなります。1時間毎に10〜15分の休憩をとり、目を休めてあげる事がオススメです。

 

 

 

身体に与える影響は?

 

 

 

メラトニンとゆう眠気を誘うホルモンがあります。ブルーライトを長時間浴びることで、そのメラトニンが分泌されにくくなります。体内時計が狂いやすくなり、その結果不眠を引き起こしてしまいます。

 

 

 

ブルーライトの対策は?

 

 

 

毎日の生活の中でブルーライトを浴びずに生活することは不可能です。なので、ポイントとしては夕方から夜にかけてパソコンやスマートフォンの使用を控える。又は、専用のフィルムなどでブルーライトをカットする。

 

 

 

いかがでしたか?日中はしっかりと太陽光を浴びる事がオススメの対策になりますよ!

 

 

 

image

 

 

 

スポンサーリンク