img_0999

冷え性に効くお風呂の入り方!

 

 

 

どれだけ温めても、手足が冷たくて冷たくてどうしようもない!という冷え性の方へ。

 

 

 

その冷え性、お風呂の入り方にひと工夫すれば改善できるかもしれません。

 

 

 

今回は、今日の入浴からすぐにでもできる簡単な工夫をご紹介します!

 

 

 

冷え性とは?

 

 

 

まず冷え性とは、手足が温まらず冷えた感覚がずっと続いている状態をいいます。

 

 

 

その原因となるのは、体温調節をしてくれる自律神経が乱れていたり、血行不良などがあげられます。

 

 

 

しかし、実はほとんどの人は、冷たい外気に手足が触れて、「冷え」を感じているだけとも言われています。

 

 

 

冷え性の多くの人は、単に皮膚の表面が冷たくなっているだけなので、血行などはそこまで問題のない人がほとんどなんです。

 

 

 

ということは、多くの冷え性の人に言えるのは、そこまで深刻ではないということ。

 

 

 

少しだけ血流を促して、手足に温かい血液が行き届くようにすれば身体全体が温かくなり、冷え性は楽になっていきます。

 

 

 

冷え性改善のお風呂の入り方!

 

 

 

お風呂は身体を温めるのに最適な方法です。

 

 

 

しかし、いつもの入浴にひと工夫プラスすることで、もっと冷え性の改善に効果が期待できます。

 

 

 

・やや熱めのお湯で全身を温める

 

 

 

やや熱めの41度〜42度くらいで、少し長めに浸かっていると、血管が拡張している時間が長くなります。

 

 

 

41度なら15分、42度なら10分程度がおすすめです。

 

 

 

・入浴剤を使う

 

 

 

保温系の入浴剤を使えばさらに温かさがアップ!

 

 

 

やはり少し長めに浸かって血管を拡張させましょう。

 

 

 

・入浴後にストレッチ

 

 

 

入浴後に簡単なストレッチをすると、筋肉が動かされるので、熱が作られ、さらに身体が温まります。

 

 

 

・入浴後のマッサージ

 

 

 

入浴後のマッサージをするのも、血流量を増やすのにとても有効です。

 

 

 

足首や脇の付近など、リンパの詰まりやすいところのマッサージがおすすめです。

 

 

 

・足指と手指の曲げ伸ばし

 

 

 

手足の指や手首・足首の曲げ伸ばしの運動を入浴中や入浴後に行いましょう。

 

 

 

曲げ伸ばしで動かしてあげることで流れが良くなっていきます。

 

 

 

いくつかご紹介したこの方法の中で、できそうなことから続けていれば、それまで縮まっていた血管が日に日に拡張され、指先まで温かい血液が流れるようになっていきます。

 

 

 

これが習慣になっていけば、きっと手足の冷え性も改善されますよ!