img_0988

目の下の頑固なクマ!色で判別できる適切なケア方法!

 

 

 

睡眠不足やストレスなどでできてしまう目の下のクマ・・・

 

 

 

気づいたらクマがずっと残ってまったという方も必見!

 

 

 

どういう原因でクマができてしまったのかによって、治し方が異なってきますので、自分のクマとしっかり向き合ってみてください。

 

 

 

・クマの色の見分け方

 

 

 

☆青クマ

 

 

 

皮膚の下を通る静脈の色が青く見えてしまっているので、触ったり引っ張ったりしても動きません。

 

 

 

☆茶クマ

 

 

 

皮膚の色素沈着が原因なので、皮膚が引っ張られるとそのクマの部分も引っ張られて動きます。

 

 

 

☆黒クマ

 

 

 

皮膚が引っ張られるたり、上を向いたりすると、クマの色が消えて見えなくなります。

 

 

 

・青クマの原因と対処法

 

 

 

血行不良が原因でできるクマです。

 

 

 

睡眠不足やストレスなどで目の下の血行が悪くなり血液が溜まってしまうため、青黒く見えてしまいます。

 

 

 

対処法としては、目のまわりの血行を良くすることです。

 

 

 

蒸しタオルで目の周り全体を温めると、リラックスできて血行も良くなるのでおすすめです!

 

 

 

・茶クマの原因と対処法

 

 

 

色素沈着が原因でできるクマです。

 

 

 

目の周りの皮膚は他の部分に比べて薄いため、目をよくこすったり、メイクが落ちきれてないなどの刺激によって、色素沈着してしまいます。

 

 

 

対処法としては、目をこすらないこと。
よくこすってしまう癖のある方は要注意です。

 

 

 

クレンジングはメイク落ちの良いもので、こすらず綺麗に優しく落としてあげましょう。

 

 

 

・黒クマの原因と対処法

 

 

 

下まぶたのたるみが原因でできるクマです。

 

 

 

たるみやシワが目元に影を作り、クマのように見えてしまいます。

 

 

 

影クマとも呼ばれるクマで、主に加齢が原因のたるみでよく起こります。

 

 

 

対処法としては、まずは乾燥を防ぐように保湿をしっかりすること。

 

 

 

小じわが目立つとクマも濃く見えてしまうので、ヒアルロン酸やターンオーバーを促進してくれるような美容液もおすすめです。

 

 

 

目元がむくんだり、顔の筋肉の衰えでもなりやすいので、日頃からマッサージや表情筋を鍛えるようにすると効果的です。