スタイリング剤ってどんな物があるの?今回は、ジェルなどツヤ感系、少し変わったワックス紹介!

ジェルタイプ

 

 

 

ジェルタイプのワックスは、濡れたようなツヤ感でパキッと固まり、一度固まると高いキープ力を出してくれます!
ショートのヘアスタイルの方や黒髪の方には、ツヤ感で遊ばせたりシンプルなスタイルにも味を出してくれます。

 

 

 

最近では、ツヤ感のスタイルも定番になって普通のワックスとジェル系のツヤ感ある物の2つで使い分ける方も多いですし、2つ混ぜて少し質感を変えるのもオススメ

 

 

 

髪が濡れている時に使用するものが多いので、朝お風呂上がりにそのままセットできたりします。
濡れているときにつけるのでボリュームダウンさせたいかにもオススメですね

 

 

 

グリース

 

 

 

こちらもツヤ感のものになるのですが、ジェルとワックスの間のような質感で粘質あります。
仕上がりもパキッとしないので手直ししたい場合もすぐに直せたりできます。

 

 

 

スプレーワックス

 

 

 

スプレーワックスは、ワックスの動きや質感を出す力と、スプレーの固める力、両方持った物になってます。
すぐに固まってやりづらく思われるのですが、時間の経過によって「ワックスの動きや質感」→「スプレーの固める力」に変わっていくのでそこまで気になりません。

 

 

 

またスプレー状なので周り全体につくので、ワックスのような動きのある毛束を出すのは難しいです。
コテなので一度もないカタチを作ったものに使われるのもオススメです。

img_1144