img_1068

髪の毛のエイジング・髪の毛の水分量・髪の毛のダメージ原因編!

 

 

 

お肌のエイジングなら詳しい方は多いのですが、あまり詳しくは知られてい無い髪のエイジングについて紹介していきます。

 

 

 

髪はある程度の年齢に達すると軟毛化していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

髪のエイジング

 

 

 

女性の場合は20から25歳、男性の場合は15歳から20歳までが、ヘアサイクルのピークと言われています。その後は、成長時期が短くなり髪が、細くなったり、ハリコシがなく、徐々にボリュームもダウンもしていきます。

 

 

 

原因としては、加齢によって毛母細胞(髪の毛の色を作ったり、髪を黒くする細胞など)の働きが弱くなり、髪の毛内部のフィブリル(髪の毛内部の固く、安定した部分)が少なくなり、キューティクルの枚数がすくなる事です。

 

 

 

新陣代謝の衰えから皮脂の分泌量が減って、乾燥毛なり「ハリコシ」「ツヤ」「パサつき」が発生します。

 

 

 

髪の毛の成長速度も、遅くなり1つの毛穴から生えてくる髪の毛の本数も減ってくるため、地肌が透けて見えるのは状態になってきてます。

 

 

 

加齢によるお悩みを解決するには、乾燥しがちな頭皮の状態を整え、毛根の活性化をはかることが重要です。

 

 

 

髪の毛水分量

 

 

 

シャンプー後にタオルドライした状態の毛髪には、30パーセントの水分が含まれています。

 

 

 

ドライヤーで乾燥した後でも、10パーセント程は残ります。水分は髪の毛内部に閉じ込められてしっとりとした滑らかな質感になります。

 

 

 

ですが、ダメージによる髪の毛内部が損傷すると水分を含む部分が無くなり、水分を保てなくなりパサパサとした質感のドライ毛になってしまいます。

 

 

 

img_1068

 

 

 

スポンサーリンク