image

抜け毛の秘密、組織要因編

 

 

スポンサーリンク

 

今回は、最後の要因の組織要因についての紹介です!

 

 

組織要因

 

 

・「毛包周囲のコラーゲン繊維が糖化」→「コラーゲンが硬くなり、毛包を圧迫する」→「毛髪が十分に育たない」「退後期が早くなる」

 

・「毛包に小さな炎症が発生」→「毛包内に毛母細胞が健全に働かない」→「ヘアロスの悪化」

 

・「毛髪の成長因子が減少」→「毛髪の成長が鈍化、休止期の長期化」→「毛髪サイクルの乱れ」

 

・「頭皮への接着剤(フィプロネクチン)の減少」→「頭皮にしっかりと根付かなくなる」→「毛髪が弱くなる」「退後期、休止期が早まる」

 

 

 

などが挙げられます!

 

 

 

コラーゲンの糖化

 

 

・「糖化とは?」一般的には、たんぱく質と糖が加熱してできたAGE(終末糖化産物)と言う肌にダメージを与えてします物質ができると事を言います。

 

 

・「糖化予防は?」
・できるだけ糖質の低いものを選んで食べる
・糖化を防ぐ、酢、ビタミンB6、発酵食品を取り入れる
・筋肉は血糖を蓄積する役割があるので、筋肉をつける
・食後の血糖値の上昇を抑える(食後15分以内のウォーキングが効果的)
・焼く、揚げるなどの高温調理を避ける
・食品が、体内で血糖値が上がるものを、調べるなどです!

 

 

 

炎症

 

 

・炎症がおきると毛母細胞が働かないのはもちろん、身体は髪を生やす事より、炎症などを抑える事方が大切を認識しているので、育毛剤などしても身体が炎症を抑えようとするので育毛効果が薄くなってしまう場合も……

 

・痒みや炎症があるときは、優先して治す事に専念した方が効果がいい時もあります。

 

 

 

成長因子

 

 

・言葉の通り、成長因子が減少すると成長が遅くなるのはもちろん、先ほど紹介した「成長期」「休止期」「退後期」などの、「休止期」「退後期」の髪の成長しない時期、髪の毛が抜ける時期の割合が多くなり100%成長仕切れず、薄毛の状態に繋がります!

 

 

 

接着剤の減少

 

 

・接着剤の減少では、しっかりと頭皮に根付かなくなり育毛剤やシャンプーの効果がしっかり髪に伝わりずらく効果半減に繋がります

 

 

 

今回は、あまり聞きなれない単語などが出てきて難しい部分なのですが、食べ物だったりで、改善でき、頭皮や髪に関わらず身体全体から健康になれたらいいですね!

 

 

 

スポンサーリンク